タグ:フランスCentre地方 ( 2 ) タグの人気記事

Montlouis(モンルイ)のジャクリーヌのワイン

建物の裏に広がっていた葡萄畑は、このわんこ友人のお母様、ジャクリーヌの畑でした。
50歳を過ぎてから、ワインを作るための学校に行って、ワイン作りをはじめたとのことです。

朝食後に、早速、本館の地下に広がるワイン貯蔵庫を訪問です。
c0157533_16143477.jpg

この本館横の井戸のようなものの裏側に入り口がありました。
c0157533_16192826.jpg

建物を作るための石を切り出した後の地下の穴を利用して作った地下室です。
ジャクリーヌの案内で、滑らないように気をつけながら地下に降りていくと。。。
c0157533_1622176.jpg

まだ、ラベルの貼られていない発酵中のワインが、寝かされていました。

ところで、ここで作られたワインは、この村Moutlouis(モンルイ)の小さなワイン農家が共同で経営しているワインカーブで販売されているとのことなので、この後、見に行ってきました。

c0157533_1635204.jpg

建物を立てるための石を切り出した岩の壁にできた穴を利用した共同カーブです。

中に入ってみたら、生産者毎に棚が設置されていました。
c0157533_16323239.jpg

Chapouthier Jacqueline、Montlouis(モンルイ)の" la Frelonnerie " 。
あったーー!ジャクリーヌの棚です。
la Frelonnerie とは、あの家につけられていた屋号のようなものらしく、スズメバチFrelonの巣の意味なのだそうです。

c0157533_16491237.jpg

全てのラベルにあのワイン畑と家が描かれています。

ジャクリーヌの説明によると、ワインは糖分を分解して発酵するので、甘いワインを作りたい場合には、ちょうどいいところまで砂糖が分解されたところで発酵を止めて糖分を残すようにしてつくるのだそうです。葡萄のでき具合によって、もともと含まれている糖分の含有量が年によって異なるので、それを見ながら糖分を調節するのだそうです。
ジャクリーヌは色々な種類のワイン、発泡酒、辛口や甘口の白ワインなど色々作っていますが、わんこが特に気に入ったのは、Moelleuxといわれる甘口のワインです。
途中で発酵を止めているためにアルコール度は低めらしいのですが、かなり甘いのに後味が良くすっきりしていたのです。

それにしても、昼食・夕食、しかも食前・食事中・食後とワイン尽くし。
アルコールにあまり強くないわんこ夫婦は二人とも飲んでは上機嫌で食後は眠くなり、1日中半分夢の中でした。。。



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-10-10 17:01 | 旅行

ロワール川流域のワイン農家

この週末は、わんこ夫の友達が、ロワール川流域Tours(トゥール)にある自分の実家に招待してくれていたので、行ってきました。

週末をたっぷり楽しめるようにと、金曜日の夜に出発したので、現地に着いたときにはとっぷり日が暮れていました。
この地域は、昔は沢山のフランスの王様たちがお城を構えていた場所であったため、数百といわれるお城があることで有名な、文化の中心といわれる場所です。
しかし、東京の大都会に慣れている日本人にとっては、やはりど田舎。。。
夜はまーーーーっくらでした。
おかげで到着すぐには、自分たちが滞在している離れも家も、外観は全然わからないまま。
でも、とても楽しいわんこ友人のパパさんと、快活な雰囲気のママさんが、暖炉に火を入れて待っていてくれました。
大きな、台所とサロンがついている離れにわんこ夫婦はお泊りです。

そして、翌朝、起きて外に出てみると。。。
c0157533_3384960.jpg

これが、私たちの離れでした。

c0157533_3553569.jpg

建物の裏にはぶどう畑が広がっていました。

c0157533_41587.jpg

ワインを造るための葡萄です。この月曜日から収穫が始まったはずです。

田舎暮らしに慣れていない私にとってはなんだか楽しそうなことが沢山待っていそうな予感です。。。



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-10-08 04:08 | 旅行