雪にびっくり

ここ数日、フランスは雪で国中が大騒ぎしています。
いつもなら降っても直ぐに解けるの場所ほとんどなのに、大寒波に襲われているためになかなか解けない上にまだ降る可能性があり、雪に慣れていない地方は大変なのだそうです。

雪好きの私(わんこ)は、少し散歩に出かけてみたいのですが、お腹が大きいのでただでさえ転びやすいのでわんこ夫に外出禁止令をだされてしまいました。
なので、アパートの窓から雪を観察。

c0157533_18513982.jpg


ベランダの目の前のお隣の庭の木々に雪が積もっています。
おおー、結構降っているぞー。とベランダから写真を撮っていたら、私を押しのけてベランダに飛び出した人が1名。(正確には「猫が一匹。」)

わんこ: 「かなり寒いけれど、大丈夫かーい?」
c0157533_18533934.jpg

キャリーの姿勢、よく見ると、中腰です。つまさきだっているようにも見えます。
勢いよく飛び出したはいいが、お隣の庭が真っ白なのに驚いているみたいです。

c0157533_18581597.jpg

キャリー: 「ねぇ、この白いの、何?」

c0157533_190034.jpg

キャリー:「臭いしないよ。」
わんこ: 「そりゃそうよ。雪だもん。もとは水よ水。といってもわからんだろーねー。寒いから窓閉めるよ。」

と窓を閉めてこのあとキャリーがどうするか見ていたら、前足をそう~っと出して、雪を触ってみて、びっくりしたようで、飛び跳ねて窓のところに戻ってきました。

キャリー: 「入れてー!!!」
c0157533_1943691.jpg

キャリー: 「足がちくっとした! さむかったぁ。。。」 


というわけで、わんことキャリーはただいま雪のため、パリの自宅に軟禁されています。



人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
# by emilyeinparis | 2009-12-19 19:16 | 動物

フランスでの産院選び

気が付いたら、もう12月!
一ヶ月も更新していなかったんですね。。。

更新をしなかった理由はただ、気分が乗らなかっただけなのです。はい。
というのも、わんこの関心が実は別のことに向いていたのです。確実になるまでブログでのご連絡はやめようと思っていたのですが、確実っていつだろう?ということで、今後つじつまが合わなくなるとマズイので、この辺りでご報告しておきます。

というもの、わんこは今妊娠中です。
予定日は1月後半で、いま妊娠8ヶ月目です。
妊娠してインターネットで色々とフランスの出産事情を調べている時に、大変役に立つのが、フランスで出産した方々のブログだったのです。
なので、私も他の方の役立てるように、今後は時々フランスでの出産についても書いていくことにします。

日本もそうらしいですが、フランスも、妊娠がわかったらまずやらないといけないのが、産院の予約。早い者勝ちで、いい病院はあっという間に一杯になるらしいのです。なので、妊娠がわかった場合には早急に色々とやる必要があります。

まずは、産院選びです。
大きく分けて2つ選択肢があります。

一つ目はフランスでClinique(クリニック)と呼ばれている私営の病院で産む方法。
同じ病院で最初から最後まで見てもらえるので、煩雑な手続きを自分でコントロールする必要がないのが利点です。また、病院によっては診察の度にエコーをしたり、出産の入院時の待遇がよかったりするそうです。ただし、任意保険のカバーしてくれる程度によって、自己負担の費用が大分発生する可能性があります。また、カトリック系が多いので、宗教的観点に縛られた治療方針になっていることもあるとのことです。(例えば、どんな障害を持っているとわかっても中絶を認めない等。)

2つ目はHopital(オピタル)といわれる公営の病院で産む方法。
この場合、Hopitalの予約は早々にする必要がありますが、前半は別途街の婦人科の先生に診てもらい、後半からHopitalの指示に従うことになります。それぞれのお医者さんの指示に従い色々な検査やエコーを街のラボに自分で行ってやってもらい、自分で自分の経過を把握し、病院や先生が変わる時にはそれらの書類を提出の上説明する必要があります。ただし、医療保険で費用のほとんどがカバーされ、自己負担がほとんど発生しません。また、大きな病院が多いので、緊急の場合の処置に関しては安心できます。

わんこは、医者であるわんこ夫の母の指示に従って、初期の動作がとても速かったので、早々に評判のいいHopitalが予約できたので、2つ目の方法をとることにしました。

c0157533_16425389.jpgわんこが予約したのはパリ14区のMontsouris(モンスリー)公園のすぐとなりにある、L'Institut Mutualiste Montsourisです。

c0157533_1650629.jpg
病院の歴史は結構古いらしいのですが、建物は立て直しているので近代的です。
この建物が綺麗で開放的だという点、わんこはまず気に入りました。古く、薄暗い建物の多いパリでは大変貴重です。出産とはいえ、嫌なことも多い病院の中が鬱蒼としていると、行く気がしなくなりますものね。

c0157533_16534623.jpg
これが、玄関ホール。左手が入り口です。ガラス張りで上が吹きぬけになっていて、日の光が沢山差し込むようになっています。
なにかと受付で不愉快な待遇を受けることが多いフランスですが、これまで何回もこの病院に行っているなかで今のところ一度も不愉快な扱いをされたことがありません。これはこの国ではとても珍しいことです。中で働いている人たちの関係も良好で、病院としてうまく機能しているからかしら?と思ったりしました。

c0157533_1712314.jpg
わんこがお世話になっている産科はこの階段を上って行ったところにあります。このところ毎週通っている母親学級も産科横の部屋で実施されるので、最近は毎週2回くらいこの階段を上り下りしています。

フランスの出産事情など、全然わからないわんこですが、4人も子供がいるわんこ夫の兄夫婦やわんこ夫の母のおかげでなんとか無事8ヶ月目も後半までこれました。。。
体調は本人は色々と文句がありますが(背中が痛い、お腹が苦しくて食べられない、寝苦しいetc.)、今のところ大きな問題もなく順調に行っています。
こういういつもと違うことがあると、面白いお国の違いに気が付いたりします。今後はそんなことも時々書いていこうかしら。。。
というわけで、これからもよろしくお願いします。


人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
# by emilyeinparis | 2009-12-12 17:07 | 妊娠

子連れのパリ観光

気が付いたらもう1ヶ月もたってしまいましたが、10月のはじめに4歳半の子供をつれた友人が日本からわんこ家に遊びに来ました。
子供のいないわんこは色々と勝手がわからず、かなり心配していましたが、なんとか無事にフランスを楽しんで帰って行ったようです。

その時、とても役にたったのが、こちら。
c0157533_18371238.jpg

Opentourという2階建てのバスです。
1日券、2日券等があり、それを買うと有効期間内乗り降り自由なんです。

全部で4路線があり、一つはわんこ家の直ぐそばを通ります。
そのために、よく見かけていたのでいつか乗ってみたいと思っていたのですが、結構乗車料が高いので誰かが日本から観光に来たときに一緒に乗ろうと温存していました。
友人の4歳半のわんぱく君が電車等の乗り物が大好きだと聞き、これはいい機会と、前もってチケットを購入しておきました。

インターネットで受け取ったチケットを家の近くのバス停で運転手に見せると、チケットとイヤホンがもらえます。チケットはまた乗るときに使うので、ポケットにきちんとしまいこんで、さて、2階へ。
うーん、なんか気持ちがいい!いつも見慣れているはずの景色が少し違って見えます。
c0157533_1849448.jpg

車の信号と同じ高さ。不思議な気分です。
わんぱく君も大喜び。買物などはママの足にしがみついては「はやくいこーよー」とママの邪魔をどうしようか考えているようですが、これならおとなしくしていられます。
c0157533_18554732.jpg

乗り降り自由なので、降りたいところでちょっと降りては、また乗っては休憩がてらお菓子をぽりぽり何てこともできます。
c0157533_18563051.jpg

シャンゼリゼのど真ん中を天井の開いたオープンバスでブーーンなんて、このバスでしかできません。
c0157533_18584976.jpg

有名な観光スポットはきちんとカバーするようになっています。なので、もちろんエッフェル塔も。
2階に乗ってしまえばあとは、乗ったまま背の高い建物の写真撮影も可能。

雨が降ったり、寒かったりした場合には1階に入ればいいんです。
ハイシーズンには混んでいて乗り切れない場合もあるという情報もあったのですが、この季節はそんな心配は全く要りませんでした。

後は、もう少し乗車料が安ければ友達が来るたびに乗るんだけれどなぁ。。。とくに一日券29ユーロはちょっと高いかなぁ。。。


人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
# by emilyeinparis | 2009-11-17 19:07 | お散歩

ブリュージュ旅行 - その3 

さて、ブリュージュ旅行2日目のメインイベントは、到着早々からわんこが登りたいと騒いでいた鐘楼。

c0157533_22522771.jpg


15分毎に綺麗なメロディーのカリヨンを鳴らします。
体力のある朝1番に登ることにしました。

ガイドブックに書いてある通り、階段がとても狭く、しかもその狭い階段を上りも下りも利用するので、すれ違うのが大変です。
えっちらおっちら、ゆっくり上っていくと、てっぺんに着く手前に、カリヨンや時計をコントロールしている機械の部屋に着きます。
15分毎に鳴るので、ちょっと休憩がてら部屋の端にあるベンチに座っていると直ぐに機械が動き出しました。
巨大なオルゴールみたいに、円筒状の鉄板の上にネジが止めてあって、時間になるとその円筒が回り、ネジが一つ一つの鐘をとめてある鉄線を動かしてメロディーをコントロールしているようです。

さて、最後の数段を上ると、頂上に到着です。
c0157533_2305049.jpg

c0157533_231289.jpg

c0157533_2335737.jpg


素晴らしい眺めです。
登った甲斐がありました。
ほんと、こうしてみても、とても美しい街です。

そして、下りは一気に。
同じ階段を使うので、入り口と同じ場所から出ます。
私達が入るときはほとんど直ぐに入れたのですが、出てきたときには行列が出来ていました。
確かにあんなに狭いのではきちんと入場制限をしないと危ないのでしょうけれど、ハイシーズンにはすごい行列になるんじゃないかしら。。。?

下りてきたら、相変わらずの曇り空でしたが、散歩開始!
かわいい街なので、本当に、街を見ていて飽きません。
c0157533_2394822.jpg


なぜか皆が入っていくので、何があるのだろうと思って、わんこたちも入っていったら。。。
c0157533_237566.jpg

ビヤホールの入り口が、ベルギービールの博物館のようになっていました。
そういえば、わんこ夫婦はあまり飲まないのですが、ビール好きにはベルギーは天国でしょうね。

ぶらぶらしていたら雨も降り出し、寒いし疲れたので、ティールームで休憩。
そうそう、やはりベルギーではこれを食べなくては。
c0157533_231718.jpg

フレッシュフルーツ山盛りのワッフル。
見かけはとてもかわいいのですが、わんこの感想としては、フルーツはフルーツで、ワッフルは砂糖のみシンプルにと別々に食べたほうがおいしいかも。。。

暖かいお茶を飲んで暖まっているうちに、雨が上がりました!
c0157533_23543112.jpg

最後の最後、帰る間際にやっと晴天!
やっぱり晴れの方が気持ちがいい。
c0157533_2350567.jpg

お土産にチョコレートを買ったりしながら、やっと晴れた街を見学。

でも、そろそろパリに帰らないと。。。我が家の暴れん坊娘、猫のキャリーも待っていることだろうし。
最後、駐車場に向かう途中で、日中梯子を使っておじさんたちがぶらさげていたクリスマスのためのライトが点灯されているのが見られました。
c0157533_2357220.jpg


寒そうだけれど、クリスマスの時期にもまた遊びに来たいなーー。。。
と名残惜しかったのですが、パリに向かって出発!
帰りは、高速道路に乗って直ぐに、「PARIS」行きの看板を発見できたので、その指示通りにぶーーんと走ったらあっという間に無事に帰ってきました。
近い近い。なので、また行こうっと!


人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
# by emilyeinparis | 2009-11-14 00:02 | 旅行

ブリュージュ旅行 - その2

c0157533_19175636.jpg


この季節、街のクリスマス飾りはまだ始まっていませんでしたが、お店のウィンドウのクリスマス飾りはもう始まっていました。

c0157533_1922587.jpg

ここは、木製のおもちゃや飾りのお店。お店の中もクリスマス一色。
真夏には、何を売っているのかしら。。。?

c0157533_1995879.jpg

もちろん、チョコレート屋さんも。
クリスマス+チョコレートはヨーロッパでは最もオーソドックスな組み合わせ。
クリスマスの時期には、チョコレートを贈ったり受け取ったりすることが多くなります。
なので、どのお店もクリスマス飾りが中心です。
c0157533_19153443.jpg

しかし、なんで大量のアヒルのサンタ?

さて、こちらは、流行なんでしょうか?何軒かのチョコレート屋さんのウィンドウにあったのは、こんなもの。
c0157533_19192264.jpg


ところで、私達、わんこ夫婦が最も大笑いしたショーウィンドウは、これ。。。
c0157533_19213396.jpg
この赤ちゃん、かわいい。。。?
ちなみに、ここはブルージュ名物レースのおみやげ物屋さん。

こうしてぶらぶらしていたら、日が短いのであっという間に暗くなりました。
c0157533_19301924.jpg

いかが?ライトアップされた夜のブリュージュもいいでしょ?
リズムよく音をたてながら馬車が2台も横を通ったりしてくれると、気分は完全にタイムスリップです。
c0157533_19334957.jpg

オフシーズンのためか、寒さのためか、全然人影がない。。。
c0157533_19362535.jpg


防寒準備は念入りにしておいたつもりでしたがそれでも寒かったし結構疲れていたので、この日は早めにホテルに帰り、翌日のために体力をためることにしました。


ブリュージュ旅行 その3に続く。。。


人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
# by emilyeinparis | 2009-11-12 19:43 | 旅行