<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

クリスマスプレゼントの山

今年のクリスマス。
クリスマスイブの日からパリ郊外、サンレミのわんこ夫の実家に行ってきました。
c0157533_0182519.jpg

今年は、わんこ夫の兄の家の4人の子供たちも全員集合です。
相変わらず元気一杯の子供たち。
でもこの日だけは、特に下の2人、大人の言いつけをよく守ります。
悪い子だとサンタさんがプレゼントを持ってきてくれないかもしれないから。

夜、興奮のあまりなかなか寝ない子供たちが寝静まったところで、ツリーの下に大人が再集合。
隠してあったプレゼントをだします。
c0157533_23524753.jpg

すごい、山盛り。
子供の頃に夢見た風景の再現。

そして、翌朝。
c0157533_0203699.jpg

うわーーい、プレゼントだ!

c0157533_0261361.jpg

「あけてもいーーい?」
風邪を引いて気が弱くなり、「サンタさん、ごめんなさい。私、沢山悪いことしました。お兄ちゃんを突き飛ばしたし、喧嘩も沢山したし、他にも、etc。。。。」と言って、大泣きしたJujuとは思えません。

c0157533_029291.jpg

「みてみて、大きいプレゼントだよっ!」
Titiは、まだまだ包みの大きさが重要なお年頃です。

c0157533_0331443.jpg

「フランス代表のユニフォームだっ!」
サンタさんの正体を知っているけれど、弟や妹に言うことを禁止されているVivi。

c0157533_0381615.jpg

「ふんふん、ふんふん♪」
一人鼻歌を歌いながら、自分の世界に浸りながらプレゼントを開けているのは、一番上のLolo。
大きい輪のピアス、香水、ハイスクールミュージカルのDVD。
ふむふむ。こういうものが、今の若い子に流行っているのね。

皆が楽しそうにしている中、なんとなく不満げな人が一人。
c0157533_04592.jpg

「なんだ。つまらん。食べられないんじゃないか。」
義兄の家の猫、Domino君でした。


人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-31 01:00 | 子供

シャンゼリゼ大通のクリスマスマーケット sanpo

この週末は、ロンドンから友達が来ていました。

シャンゼリゼのイルミネーションとどこかのクリスマスマーケットに行きたい!
というのが彼女の希望。

あ、それなら、今年からシャンゼリゼにクリスマスマーケットが登場しているはずだから、シャンゼリゼに行けば、一石二鳥よ!
そこで、コンコルド広場から出発して通りに沿ってマーケットをぶらぶらながら、凱旋門に向かうことにしました。

c0157533_13048.jpg


まだ、明るい時間なので、通りのイルミネーションはついていないのですが、クリスマスマルシェはやっています。すごい人です。
今年からの催しなので、観光客も多いのですが、パリジャンも沢山います。

c0157533_165275.jpg


どうやらシャンゼリゼ通り公式のクリスマスグッズのお店です。このために作ったのかしら?それとももともとあったものなのかしら?

c0157533_1101931.jpg


Pain d' épice(パン・デピス)のお店です。蜂蜜入りの甘いケーキです。クリスマスマルシェの定番です。

c0157533_1463444.jpg


ラクレットのお店。溶けたチーズをはさんだサンドイッチなどを売っていました。

ロシアのマトリョーシカ人形のお店やら、タイのアクセサリーのお店やら、意味のわからないお店も沢山ありましたが、ぶらぶらと散歩するのには楽しいです。

途中、Vin chaud(ヴァン・ショー、ホットワイン)を買って道のはずれで飲んでいたら、イルミネーションが点燈しました。

c0157533_1525763.jpg


昨年と同じ、省エネ電球のライトです。豆電球の間に、縦長の形の電球がところどころにあって、流れ星のように上から下にライトが流れます。

c0157533_1564144.jpg

(クリスマスマルシェの端、Rond-point des Champs-Elysees Marcel Dassault)

ロンドンとは比較にならないくらい、きれーーい。とロンドン在住のその友達はいたく感動していました。ロンドンのイルミネーションも素敵そうなのに。

実物を見に来れない人のために、写真を。

道路の真ん中に立つと、
c0157533_29367.jpg

後ろはコンコルド広場の観覧車。
c0157533_2104196.jpg

前は、凱旋門。

確かに、これだけ広くてまっすぐに長い大通りが全てライトアップされると圧巻です。

というわけで、クリスマスのパリの様子、伝わったかしら?

気がついたら、もう日本時間はクリスマスイブですね。

では、皆様、

Joyeux Noel!   
メリークリスマス!



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-24 02:26 | お散歩

コンサートの出来

さて、以前お知らせしたトリニテ教会でのコンサート、なんとか無事(?)終わりました。

会場の教会は、パリの町のど真ん中にあります。
c0157533_2228592.jpg

かなり大きな教会です。

裏の控え室に直接入り、そこで準備です。
男女混合の控え室で、皆どうどうとお着替え。。。下着丸見えじゃないかしら。。。
さすが、フランスです。

観客が入る前に、一応実際の舞台に並んでみます。
c0157533_22245062.jpg

ところが、いざ並んでみようとしたら、大問題発生。わんこも含まれるソプラノ1が並ぶあたりに、大きなCreche(クレッシュ、クリスマス時期になるとディスプレイされる、キリストの生誕場面を再現した模型)があるのです。
急遽、ソプラノ1だけ階段下向かって左下にぞろぞろ。。。

もともとソプラノ1はもっとも高音なので、一番の目立ちたがりが集まっているからなのか、なんとなくぎすぎすした雰囲気が漂っていて、いざコンサートの準備となると、立ち位置等での揉め事が勃発していました。
そんな中、まともに階段に並べないとなると、もっと大変なことに。本番直前に喧嘩再燃。
フランス女同士の喧嘩、こわいよぅ。。。

そんなこんなの中、一応音だししてみたのですが、やはり場所が悪い。他の声が全然聞こえない!!大丈夫だろうか。。。

c0157533_22322429.jpg


さて、本番。
教会での演奏なんて、初めてだったのですが、音が響きすぎるせいなのか、緊張のためなのか、全曲ものすごくテンポが遅くなりました。そもそもオーケストラが遅れているので、歌だけ早くするわけにも行かないし。。。指揮者も一生懸命引っ張ろうとしているのが感じられるのだけれど、どんどん遅くなっていく。。。
やはり音が聞きにくいためか、微妙にソプラノ1だけ早くなったりしていた感じもありましたが、なんとか終了です。

初めての教会での演奏。とても勉強になりました。音の響き方も全然違うので、難しい部分もありましたが、その響きを楽しんだり。

250人中のたった一人なので、そんなに緊張はしなかったのですが、周囲のぎすぎすした雰囲気に飲まれて、ちょいと気疲れです。
ある意味、フランスらしくて面白かったけれど、次回はソプラノ2に移ろうかしら。。。



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-22 22:57 | お知らせ

キャリーの一番のお気に入りおもちゃ

わんこ家の新アイドル、キャリーは何をしていてもかわいい。(親ばか)
というわけで、部屋のすぐ手のとどくところにいつもカメラを置いてあります。

おっ、かわいい顔しているぞっ!
写真写真。
c0157533_20362153.jpg

あ、やばい、この表情は。。。

がしっ!
c0157533_20345352.jpg

つーかまえたっ!

c0157533_20381861.jpg

写真がぶれるので、カメラのストラップから手、離してください!キャリー様!



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-17 20:47 | 動物

ノートルダムのツリー

日本からの友達を案内して、パリのノートルダムに行ってきました。

わんこのパリの一番のお気に入り観光スポットです。ノートルダムのあるシテ島はパリ発祥の地だけあって、歴史の重みを感じます。

今年のノートルダムのクリスマスツリーは、
c0157533_1920525.jpg

こんな感じ。
去年のツリーと比べて、低い?と思ったのですが、裾の枝が広がっていて、なんとなく短く見えるだけのようです。
飾りは昨年同様、シンプルに赤と金色のボールです。

内部も、簡単に見学です。こちらは、ノートルダムのバラ窓。
c0157533_19322075.jpg

去年ブログをはじめたばかりの頃に比べ、カメラの扱いに慣れて、暗いところの写真も撮れる様になりました。
相変わらず、普通のポケットデジタルカメラですけれど。。。

ところで、ノートルダムは、教会の横から、塔に登ることができます。何しろ中が狭く、入場がいつも制限されていていつもは行列があるのですが、この日は寒いし午前中の早めの時間だったので、行列がないっ!思わず入り口のおじさんに「入れるの?」と聞いてしまいました。

というわけで、今日は塔の見学を決行!パリ市内の登り物(?と言っていいのか?)の中で、私の一番のお勧めは本当はこのノートルダムの塔。何しろパリの中心地なので、すばらしい眺めなんです。

入り口で入場料を払って。。。とその時、あ、そういえばと思って、「あの、私、失業者なんですけれど。」と失業者認定のANPE(失業登録をする機関)の紙切れ(ほんと、紙切れ。)を見せたら、何と無料。こういう時は、失業者に優しい国って大好き♪

しかし。。。全て階段です。しかも、らせん。どこまでつづくんだーーー。
空いていてよかった。ゆっくり登れるから。
c0157533_19421963.jpg

塔の上につくと、早速、こんにちは。と挨拶をするのは、有名なこの悪魔君たち。
意外とかわいい顔しているんです。
c0157533_19544167.jpg

ぐるぐるぐるぐるずいぶん登ったようだけれど、さっきのツリーがこんな感じに見えます。そんなに高くない?でも、パリの建物は高さが制限されいてるので、眺めはばっちり。
c0157533_19474061.jpg

別のアングルから撮ると、モンマルトルの丘を同じ悪魔君が眺めています。何か、いたずらでも考えているのでしょうか。
c0157533_19493928.jpg

暗雲立ち込める中にそびえる、エッフェル塔です。

しかし、寒いっ!特に手袋を忘れたのは一生の不覚。。。カメラを持つ手が震える。。。

そして、最後は、また、ぐるぐるのらせん階段を一気に下りて、ふらふらになりながら、地上に到着。

冬にノートルダムに登る方への注意事項。
暖かい手袋と帽子と歩きやすい靴と体力を装備して行くように。



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-16 20:40 | お散歩

パリ13合唱団のEglise de la Triniteのコンサート

以前のブログにも書いたように、わんこはこの秋からコーラスをはじめました。
団体の名前は、les choeurs de Paris 13 (もともとパリ13区にあったようです。)
今度の木曜日夜にパリ市内のEglise de la Trinite(トリニティ教会)でコンサートがあります。
なので、この週末はコーラス漬けでした。
c0157533_23402052.jpg

(リハーサル中、床に座っているときに撮った写真。)
曲目は、バッハ、ミサ曲ロ短調。
プロのオルガン演奏、オーケストラ、ソリストも呼んで、一通り、全曲目演奏します。
c0157533_095944.jpg

日曜日には、オーケストラも来てリハーサルをしました。

ソリストのパートになると、合唱隊は、その場に座りはじめます。(オーケストラの後ろに沢山人がいるのですが、そのために、写真には写っていません。)地面に。若い人もお年寄りも、女性も男性も、あぐら。外歩いた靴で、歩き回っているところなんですけれどね。。。
一瞬、躊躇したけれど、郷に入れば郷に従えで、私もあぐら。

また、一曲毎の合間のおしゃべりがすごい。。
何しろ今回のコンサートに出るだけでも250人という大所帯のコーラスなので、各人が少ししゃべるだけでも大変なことになります。それでも、おしゃべり好きのフランス人に全くしゃべるななんて、無理な相談。皆、歌った曲の感想を言ったり、文句を言ったり、何かジョークを言ったり。思いついたら、黙ってはいられないんです。
皆を率いているピエールもよく怒っているのですが、これは絶対に止まないんだろうなぁ。。。

それにしても、ソロ曲を除いた合唱曲は全部で15曲。9月からの3ヶ月で全曲マスターは、初めて歌う私にはかなりきつい。。。
ま、でも合唱隊は250人。特にコーラス初心者のわんこの小さな声なんて、たとえ変なタイミングで叫んでもきっと聞こえないでしょう。

さて、一応、チケットがまだ余っていると言っていたので、一応、宣伝しておきます。
コンサートのチラシです。
c0157533_23582967.jpg

それにしても、入場料が高い。。。一番安い、自由席でも25ユーロなんて。
この値段じゃ、気軽に友達に来てねって言えません。
コーラスの首脳陣が勝手に決めたようで、周囲の人は皆ぶつぶつ言っていました。
合唱隊以外の、オーケストラ、ソリスト、オルガン奏者等、全てプロの方なので、どうしてもお金がかかるようです。
パリ在住で、興味のある方、よければ来て下さい。

それにしても、クリスマス時期の本物の大きな教会で歌うえることが楽しみです。どんな風に音が響くのでしょうか。。。



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-15 16:38 | お知らせ

人気のビストロ - Le Comptoir du Relais

大学時代の同級生がパリに遊びに来ました。
日本からの友達が来るたびに驚かされるのが、豊富な情報。皆、話題のお店をあちこちでチェックしてきていて、パリに住んでいる私より詳しいことのほうが多いのです。

今回も、彼女が行ってみたいと言い出したのが、話題のビストロLe Comptoir du Relaisでした。

c0157533_19151331.jpg


夜の予約は一杯だけれど、昼は予約できないので、12時前に行って並ぼう!ということで、12時5分前に到着した時にはすでに数組が並んでいます。
すごいぞっ。
こんなに人が並んでいる風景はフランスではなかなかみかけないので、ちょっとびっくりです。
それにしても、日本人が多い。。。

すぐに案内され、無事、店内の席を確保して、さて、メニューと格闘です。
すべてフランス語。日本からの友達に説明するのも一苦労です。
調理方法や肉の部位によって言葉が違うので、料理用語は難しくて。。。

c0157533_20275030.jpg


この日は寒かったので、前菜に私が頼んだのは、魚のスープ。
かわいい入れ物に入ってきていて、結構なボリューム。
意外とさっぱりしていて(結構味が濃い場合が多いと思っていました。)、でもだしが効いていておいしかったです。

c0157533_20293931.jpg


肉は、羊肉。
こちらもボリュームたっぷり。
しゃぶろうと思えばしゃぶれるくらいまだまだお肉は骨に残っていたのですが、もうお腹一杯でギブアップです。
デザートまではいけませんでした。

よし、今度、日本の友達とサンジェエルマン界隈に来たときにまた行こう。今度はデザートにチャレンジだっ!

<Le Comptoir du Relais>
9, Carrefour de l'Odéon, 75006 Paris
Tel : 08 26 10 10 87
M:Odeon


人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-12 20:39 | おいしい物

はじめまして。Calie(キャリー)です。

こんにちは。
はじめまして。
私、Calie(キャリー)といいます。
Societe Protectrice des Animaux(通称SPA。フランスの捨て犬・捨て猫の保護施設。)にいたのですが、1週間ほど前から、わんこ家に養子にもらわれました。

c0157533_119067.jpg


たーーくさんいる猫の中から、目が合ったという理由でわんこさんに選ばれたの。
捨て猫と犬のフォーラムとかで、沢山人が来ていて、あちこち触られて、実はふてくされていたんだけれどね。だから、2日目にもらいに来てくれたときには、目も開けなかったし、SPAの係りの人には、「危険だから、触ってはいけない猫」って言われて、もらわれないで売れ残っていたの。

c0157533_1262981.jpg


でもね、私だって、静かなところでだったら、愛想良くできるのよ。
家についてすぐにちょっと擦り寄っていったら、わんこさんったらもうご機嫌。
人間って単純ね。

わんこ家は今までいたところに比べて静か過ぎてつまらないから、時々わざといたずらしてみているんだけれど、そしたら、「あまり悪い子だったら、SPAに戻すよっ!」って脅されているんだけれど、へへぇーーんだ。全然怖くないよ。
そんなこと絶対しないって、知っているから。

c0157533_1323856.jpg

(わんこ夫のお気に入りのピンクの鼻。)

ふぅー。今日は疲れたから早く寝て、明日は5時に起きて最初のいたずらといきますか。
にゃむにゃむ。。。



人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-10 01:41

モルディブの海 その2 

モルディブ滞在中の午後の恒例は、コテージ前の海のシュノーケリング。

c0157533_1653310.jpg
(コテージからでて右側の風景、満潮時)

私たちのコテージは比較的砂浜が多いところに位置していたのですが、引潮の際には、岩がごつごつしていて、海への出入りが大変でした。
c0157533_1648019.jpg
(コテージからでて左側の風景、干潮時)

でもひとたび入ってしまえば、別世界!
流れも結構強いので、泳ぎに自身のない人も大変かもしれませんが、その分ものすごい魚の量です。あちらこちらに色々な種類の魚が群れを作っています。
いつも同じ場所にいるウミヘビ。カサゴに、クマノミ。おいしそうな魚やイカが目の前を横切ったり。

ある時、岩場で、一生懸命姿を隠しているカメも発見。最初は岩だと思っていたので、正面から見詰め合ってしまいました。あっーー。と、夫を呼んで、見ていたら、
「しまった、見つかってしまった。」とばかりに、深いところに逃げていきました。

少し沖に行くと、すぐにドロップオフです。本当に断崖絶壁。この断崖の向こう側は、一気に真っ暗な海です。海に浮かんでいる私がその断崖に落ちることはないとわかっていても、断崖の向こう側に行くと背筋が寒くなります。でも、断崖の淵を反対側から眺めてみたいし、怖いものみたさ(味わいたさ?)もあり、何回かその暗い海の上に行ってみたりしました。。。

夕方、日が傾いて、海の中は暗くなるまで、ほぼ毎日泳いでいました。
午後は天気が悪いことが多かったのですが、天気がいいときには、部屋から綺麗な夕焼けが見えます。

c0157533_17113727.jpg


パリに戻ってきて、30度の気温の差に体がついていかず、風邪を引いてしまいました。
冷え性のわんこにはつらい季節です。
また、いつか、冬にモルディブにいくぞっ!と布団に包まりながら心に誓うのでした。


人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-08 17:15 | 旅行

モルディブの海

このシナモンアイランドでは、毎日午前中はサンドバンクツアー、午後はシュノーケルツアーの船を無料で出していました。
私たちのお気に入りは午前中のサンドバンクツアー。船でごとごと1時間ほどかけて、無人の砂丘に連れて行ってくれるのです。

c0157533_17354366.jpg

9時半に桟橋に集合して、出発!この陸上のコテージのうちのひとつが私たちのコテージ。どれかなー。

c0157533_17402744.jpg

この島は航空写真でみるとまん丸の小さな島なんですね。ここで、冷房も完備され、お湯もふんだん使える快適な生活が送れるって、すごいなぁ。。。

島を離れてすぐのあたりでは、よくイルカの群れに出会いました。2日に1回くらいの割合でしょうか。
初めてイルカの背びれが水面にでているのを見たわんこ夫は、

「サメだっ!」

。。。散々、イルカに会うかもしれないって言っている時に、なぜ、サメ。。。

船にのること40,50分で、このツアーの目的地、砂丘が見えてきます。
c0157533_1864547.jpg

死んだ珊瑚が砕けてできた白い砂がたまってできた砂丘です。

この船が着く側は白い砂で覆われ遠浅になっているので、足を怪我しないで泳ぐのにもってこいです。
でも、私たちわんこ夫婦がここに着くと荷物を放りだしてすぐに向かうのはこの裏側の珊瑚がたくさんあるところです。
引潮の場合には、腰ぐらいまでしか水のないあたりにたーーーくさん珊瑚と魚が住んでいるのです。

水中カメラがないので、写真をお見せできないのが残念。。。
色とりどりの魚が沢山。大きな岩の陰には、中くらいのサイズの魚が群れて隠れていたり。不思議な生き物もいっぱいみました。動物なのか植物なのか見分けのつかないものもいたり、岩の一部だと思っていたら、色が変わるタコだったり。
沖縄でも色々なところでシュノーケルやダイビングをしたことがありますが、こんなに種類が豊富で魚影が濃い場所は初めてでした。水は腰までしかないのに。。。

浅いのですが、結構流れが強いので、しばらく泳いでいるとかなり疲れます。
丸1時間くらい珊瑚と魚の観察をすると砂浜にあがると、シナモンホテルのスタッフが、私たちの荷物を見つけては、デッキチェア2台とパラソルと水をおいていってくれています。
c0157533_18233247.jpg

海は好きだけれど強い太陽には弱いわんこにとっては、このパラソル大変助かります。
パリから持ってきていたお菓子(行きのトランクの大部分を占めていたのは、このスナック菓子。持ってきて正解でしたが。。。)をつまみながら休憩。

地上の楽園とはこういう場所をいうのねぇ~♪

12時半頃から、帰り支度がはじまります。またまた船にのること約1時間で島に到着。
部屋に戻って一休みしたら、今度は、部屋の目の前の海のシュノーケル開始!

長くなったので、ここで一休み。次回に続く。。。


人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-04 18:37 | 旅行