<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Les Sables d' Olonne 貝殻のモザイク - 夏のバカンスの前半戦 その3

Les Sables d' Olonneの街のビーチ以外のもので、唯一と思われる観光名所は、貝殻を使って作ったモザイクが集まった小道です。
天気悪い雨の降る日に街を散策しに行く途中、偶然この小道に迷い込みました。
c0157533_20521537.jpg

この街の建物の色、薄いピンク色に映えます。
c0157533_2045488.jpg

道路の名前を表示している看板や、室外に置かれている機械も飾りの一部になっています。
c0157533_20563057.jpg

c0157533_20343618.jpg

私のお気に入りは、この猫ちゃん。小さなねずみさんも貝殻で作られています。お花の間にいるのが見えるかしら?
c0157533_2058568.jpg

c0157533_2124984.jpg
貝殻の色の変化や立体感をうまく利用して、黒目がどこかを見ているように見えます。


この小道の番犬は、この子でした。
c0157533_2145790.jpg

「暇だなー。なんか用?この街は雨が降ると、やることが無くなるんだよね。。。」




人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-30 21:14 | 旅行

Les Sables d' Olonne  子供達の砂遊び- 夏のバカンスの前半戦 その2

今回、Les Sables d' Olonneには、わんこ夫の兄一家の子供達も来ていました。一番上のLoloは、ロンドンに行っていっていて来れないので、ViviTitiJujuの3人です。。

海は、子供にとっては冒険が一杯。3人とも目をきらきらさせて、泳ぎに行ったり、砂遊びをしたり。海岸は広くて人も多いので、大人は一人はあっち、もう一人はこっちと、頻繁に子供の居場所を確認しないといけないので大変ですけれど。。。

なんか静かになったなぁと思ったら、わんこ夫やわんこ夫の兄が子供たちと波打ち際でなにやら大掛かりなものを造っている様子。
c0157533_20571152.jpg


c0157533_210253.jpg近寄っていって、楽しそうにうろうろしているJujuに、「何しているの?」ときいたら、ふんふん鼻歌歌いながら、無視。。。

いつものことです。

TitiとViviが、「船を造っているんだけれど、Juju、邪魔するんだよぅ!」

ちょうど潮が満ちてくる時間帯だったので、潮が満ちてきて船が水に浮かんだ状態にして、子供たちを遊ばせてあげようと、わんこ夫とわんこ夫兄が一生懸命掘っています。

が、しばらくすると、TitiやViviも飽きて、放棄。ママのところにいって、涼しくなってきたので、洋服に着替えてお菓子をゲット。気がついたらわんこ夫とわんこ夫兄だけが、一生懸命。。。

ところが、潮が満ちて、船が海に浮かんだら、皆大喜び!
せっかく洋服に着替えたにもかかわらず。。。
c0157533_212046.jpgTiti、興奮のあまり、海に向かってダッシュッ!
おーーぅい、君、水着ではないんだよぅーー!

ついでに、せっかく乾いた水着に着替えたばかりのViviややっぱり洋服を着たJujuも。。。
c0157533_2123288.jpg
泥遊び再開です。。。


わんこ夫とわんこ夫兄、とりあえず子供達を喜ばせるという目的を果たせて満足そうでした。
この楽しい砂遊び、大量の洗濯物とわんこ夫の腕の筋肉痛というお土産がついてきました。。。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-29 21:36 | 旅行

Les Sables d' Olonne  到着- 夏のバカンスの前半戦 その1

ブログの更新が滞りました。

なぜなら、わんこの義兄一家がアパートを借りて遊びに行っているというので、週末に少しお休みをくっつけて、大西洋沿いのビーチリゾートとして有名なLes Sables d' Olonneという街に行っていたのです。
c0157533_5293958.jpg

フランスのリゾート地に来ると、本当に色々な世代の人が混じっていることにいつも感心します。楽しいものは、世代を超えて、皆で楽しもうというのです。
日本のビーチリゾートというと大抵若者の天国のようになっていますが、ここの砂浜は生まれたての赤ちゃんから杖をついているお年寄りまでいます。
皆、どんなおばあさんも水着になって体を焼いているのです。
c0157533_19303983.jpg

そして、この日に焼けようという気合がすごい。
ニュースでも日焼けのしすぎは危険と言ってはいるのですが、日に焼けた肌を手に入れるのがバカンスの目的!といわんばかりに、皆、肌が赤くなっても焼いています。
仰向け、もちろん顔を隠したりはせず、水着の肩紐も邪魔だといわんばかりに、トップレスになっている女性もちらほら。
ちょっと街をあるくだけでも日焼け止めをしっかり塗らないと落ち着かないわんこにとっては、空恐ろしい光景。。。

わんこもわんこ夫もかなりしっかりSPF50のクリームを塗りました。が、わんこ夫、足の甲に塗り忘れた部分があり、火傷状態になってしまい、靴とすれると痛いと悲鳴を上げています。
余計なお世話かもしれないけれど、クリームを全然塗らないで全身を焼いていたあの人たちは、大丈夫だったのだろうか。。。

夏のバカンス前半戦 その2 に続く。。。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-28 05:38 | 旅行

13区のパリプラージュは。。。?

昨日、7月21日から8月21日まで、パリプラージュがオープン!

パリプラージュとは?
パリ市が、夏の間にセーヌ川沿いに設置するプラージュ(海辺の砂浜を通常さします。)のことです。川沿いに、砂浜やベンチ、その他色々なリクリエーション施設が出現します。

パリ市のパリプラージュ関連サイト:
http://www.paris.fr/portail/ete/Portal.lut?page_id=8653

昨年は、我が家の近所の13区のセーヌ川べりにもパリプラージュの一部がやってきていて、川沿いにベンチが沢山設置され、IDカードと引き換えに無料で最新の本が借りられる小さな図書館が出現したりしていました。今年はどうかな?と、前日に、近所の昨年パリプラージュのあった場所を見に行ったら。。。
c0157533_1118249.jpg

このベンチだけ。。。去年は、背丈ほどもあるプランターに入った大きな木や小さな霧を撒くシャワーが出現し、無料図書館や子供のためのお話を音楽と一緒にしてくれるお姉さんが登場したりしていたのですが。。。どうもそんな雰囲気ではなさそう。。。

でも、セーヌ川に浮かぶ船のプールは、パリプラージュにあわせて再オープンするそうです。
c0157533_11252340.jpg

パリプラージュのシンボル、青と白の縞々の小屋が、プールの目の前にちょこんと2つ出現していました。
ところで、なぜ再オープンなのかというと、オープン直後に船が浸水し、しばらく閉館していたのです。巨額の投資をし、鳴り物入りでオープンしたにもかかわらず。。。

川沿いのBARのお兄さんたちによると、どうやら地下鉄6号線の改修工事の影響でアクセスが悪いため、今年はここのパリプラージュは縮小だそうです。。。ぐすん。。。近くて、空いていて便利だったのに。。。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-22 11:47 | お散歩

日本から持ってきた便利グッズ   弁当箱

この時期、青空の下でお弁当を食べる機会がとても多いフランス生活。日本にいた頃には、最近はほとんどやった覚えがありません。あったとしても、コンビニでおにぎり買ったり。

が、この国はもちろん、コンビニ何ぞありません。近くで何か買えばいい。なんて、甘い甘い。お店があるとは限らないし、開いているとは限らない。
なので、何でも持参。
そんな時に、よく使っているのが、この弁当箱。
c0157533_18313088.jpg

ちょっと、中身がぐちゃぐちゃにとにかく詰め込んであって、恥ずかしいのですが。。。

この弁当箱は、前回の一時帰国の時に、友達のmomoさんと横浜をぶらぶらしている時に、何かを買いたくなり、衝動買いしたものです。もちろん、我が家にも普通のタッパーはあるのですが、どうせなら見栄えがいいほうがいいので、ピクニックに行くときは、これにつめて。二段の渋い、男性用のお弁当箱です。中身がなくなれば、うまく重ねると少し小さくなります。もちろん、食器洗機対応(ただし、内蓋を除く)。

いいお買物でした。よく使っています。

ひとつだけ、後悔があるとすれば、もう少し大きいサイズでもよかったかな。ピクニックによく持っていくので、一人分ということはほとんどなく、最低二人以上分なので。

次回のピクニックはいつかしら?何を詰めましょうねぇ。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-18 18:46 | 小物

sceaux(ソー)公園でピクニック

パリに来た人たちが口をそろえて言うのが、「高い!」。
ユーロ高の影響で、円換算するとなんでも高く感じるのです。
ちょっと外食したりすると、日本の2倍くらいはする感じがします。

そんな場所に住んでいる人たちはどうやって生活しているのかというと。。。
まずは、日本的な(もしくは私の東京生活のような。。。)消費生活はしません。外食も時々はしますが、それ以上にお宅に呼ばれたり、呼んだり。
週末も、天気さえよければ、お弁当持参でピクニック!自分で持っていけば、外食するほどは高くなりません。

この日も天気がよかったので、友達一家を誘って、SCEAUX公園へ。
RERのB線で南に向かって、パリを出て10分くらいですぐにparc de sceaux駅に到着です。
c0157533_17434774.jpg

お弁当を用意するのにちょっと時間がかかってしまい、公園に着いたときには、お腹もぺこぺこ。
そこで、公園に入ってすぐの噴水の周りで、早速、敷物を引いてランチです。
いい天気ーー。なので、日焼け注意です。
c0157533_2027888.jpg

とても広い公園で、中央に十字の運河?があり、ベルサイユの小型版(といっても大きい)の庭みたいです。
春は桜が綺麗なのだそうですが、桜の時期にはまだ来たことがありません。今度の春までおあずけです。
c0157533_20153315.jpg

中には、小さなお城もありました。

友達の一家の歩き始めたばかりのひつじちゃん(勝手にあだ名をつけました。)の手をわんことわんこ夫がつないで、ゆっくり歩きながら駅に向かおうと思ったら、ひつじちゃん、ぐいぐい引っ張る引っ張る。
ママとパパが置いてけぼり。
ねぇ、ひつじちゃん、家の子になる?

帰りは、この小さなかわいい Sceaux駅から。
c0157533_20405733.jpg

こんな週末、東京だとなかなかおくれないなぁと思ったり。
何しろ、まず、気候が違いすぎる。こんな過ごし易い時期は日本はほとんどないから。。。
あと、東京にいる場合は、こんな広い場所がない。

本日の出費、一人往復で合計4.40ユーロの交通費のみ!
ねっ?お金をかけないで、贅沢な時間の過ごし方もできるもんでしょ?
次は、どこにピクニックに行こうかなー。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-16 20:46 | お散歩

らくちん革命記念日の行進の見学方法

7月14日はフランスの革命記念日です。祝日なので、お休みです。

前日には、わんこもわんこ夫も、子供の頃に行って以来シャンゼリゼの行進を見に行ったことがないので、「行ってみてもいいかもね」といっていたのですが、おきたら9時半。。。早く行って場所取りをしないと何も見えないといわれている人だかりの様子をうつしたテレビを見て、即、「やっぱりやめよう。」
いつものパターンです。。。

代わりといっては何ですが、10時45分から始まる行進にあわせて、飛行機の行進もあり、これは家の近所のセーヌにかかる橋の上からよく見えるので、これを見てきました。

c0157533_449559.jpg

皆、考えることは同じです。近くに住む人たちが橋の上に集結中。いそげっ!
なんとかちょうど10時45分に橋のど真ん中につきました。
ご覧のとおり、いい天気。よく見えるはずです。
c0157533_583178.jpg

しばらく周辺の人々を観察。こういうときに、地べたに座り込む人たちが沢山いるのが、フランスだなーーと思ったりしていたら、誰かが、「あ、きたっ!」

c0157533_4552025.jpg

綺麗に、フランスの国旗の色、青、白、赤が見えました!!
その後、続々と飛行機が行進。
微妙に飛行機の通り道も、グループ毎に異なっていて、すごく近くを通るものもあれば遠いものもありました。
これはわざとだったのか、それともいつものフランス流適当さの結果なのか?
というちょっと意地悪な疑問を持ったり。。。

その後、ぷらぷらと川沿いを徒歩で帰宅。
現場到着まで片道5分の、人ごみに飲まれることのない、優雅な、お手軽、革命記念日の(飛行機の)行進の見学、でした。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-15 05:20 | ニュース

家庭菜園  パセリとしそ

我が家のあるパリ13区には大型中華スーパーがあるので有名です。
色々なアジア食材が手に入るので便利です。

が、しかし。。。

フランスでも中国産の野菜は農薬が多くて危険ということは以前から言われていたようなのに、中国産が多いのです。なので、なんでも産地チェックをしながら買物です。
生鮮野菜も沢山あるのですが、中国産にはやはり手を出す勇気はないですね。。。
さらに、最近の日本のニュースを見ていると、産地表示自体も信用できないし。。。

こんな時、最も信用できる方法は、古今東西どこでも同じ。自家栽培!!

c0157533_043455.jpg以前、蒔いたパセリは、台所の窓につるしてあるプランターの中で、ぐんぐん育っています。
パセリが欲しい時に、窓を開けてはちょきっ!
としている跡が見えますね。。。茎だけ残っているのがそうです。
車の排気ガスは沢山かぶっていそうですが、ま、自分も毎日吸っている空気なのだし、そこは仕方がないかな。。。

c0157533_0105623.jpg
そして、最近、蒔いて楽しみにしていたのが、こちら!
しその葉です!芽がでました!!
まだ、全然しそっぽくないけれど。。。


わんこ、どうも、こういう才能がないらしく、この先で枯らしてしまうことが多いので、この先しばらく用心です。

あ、ところで、今気がついた。バカンス中、どうなるかしら。。。
2週間も放っておいたら、きっと枯れるでしょう。。。連れて行く?それともその前に収穫?
うーん、困りました。それまでにどこまで成長するのかしら。。。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

わんこに栄養補給のクリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-11 00:18 | 生活の知恵

フローリスト騒ぎ

結婚式の時のブーケについていつか書きたいと思っていたので、ここで。

フランスの結婚式では、花屋は別途自分で選んで頼みます。お花を用意して会場にも運んでもらい、ブーケも別に頼むのです。
わんこたちもいくつか、会場の近くの花屋のウィンドーめぐりをしました。飾ってあるブーケ等を見れば少しはセンスがわかるかなぁと思って。ところが、どこもいまいち私の趣味とは合わない。。。凝りすぎていたり、とにかく色とりどりすぎたり。

仕方がないので、1週間ほど前に、その季節の花を見ながら試しに作ってみましょうと言ってくれた花屋にすることにしました。それならば、こちらの希望をその時にうまく伝えることもできるかと思ったのです。

しかし。。。。

結婚式の1週間前に朝9時にお店にくるように言われて、遠いけれど早起きして行ったら、まだ来ていない。。。寝坊。。。
このあたりから不安が少しづつつのります。
当日、花が届いていないのだけは勘弁してほしいなぁ。。。と。
やっと来たかと思ったら、その日に届けないといけない花ができていないらしく大忙し。
「その辺にある花で好きなように、自分の組み合わせでブーケを作ってみて。」と、放任。
私、花についてど素人なんですけれど。。。
c0157533_2152596.jpg仕方がないので、一緒に来てもらっていた母とわんこ夫と相談しながら、作ってみました。こーーんな(→)組み合わせがいいの。って。
わんこは写真をとったりしましたが、彼はカレンダーの私たちの欄に、一言何か書き込んだだけ。1行にもなっていなかったんですよね。字が汚すぎて、何をメモったのか私には全然わかりませんでしたが、この花束のメモをとるにしては、言葉が少なすぎないのかしら。。。?
と、さらに不安は増大。

で、結婚式前日にブーケをとりに行ったら(テーブルの花は当日に直接会場に配達)、結婚式の花について話に来ている親子にかかりきりで忙しい様子。仕方がないので、お店の中を眺めながら待っていたら彼の後ろの花瓶に、なにやら花嫁のブーケらしきものが。。。
でも、色味が全然違う!!バラは全部シャンパン色(っていうのかしら?グリーンがかった色です。)で、芍薬はどピンク。雰囲気が全然違う!

この相談に来ていた親子、かなりしつこく花の種類等について話をしていて、花屋さんの彼もかなりいらいらしている様子がこちらからも見えました。そんな態度、お客さんにしていいのだろうか。。。とわんこは思うくらい。。。
おかげさまで、そちらが終わって、私たちのところに来たときには、かなりのいらいらムード。。。

そして、「Voila!」 と出されたのは、もちろん、そのグリーンのバラのブーケ。
でも、ここはわんこがんばりました。だって、全然ちがうんだもん!!バラと芍薬を使うってことしか同じでなく、色味も全然違って、ぱっと見たときのイメージが違うなんて、やはり許せません。
かといって、この時はもう前日の夕方5時。いまさら花屋を変更はできません。
すでにいらいらしていた彼は、爆発寸前。というか半分爆発。
「その辺にあるので、好きなように作って。」と。くたびれていたわんこ、結婚式前日というのに、泣きたい気分でした。。。
気を取り直して、仕方がないので、その場にある好みの色の花はバラだけだったので、バラでほとんど自分たちで作りました。。。こんな感じに。
c0157533_22101083.jpg
最後まとめるのだけ彼が雑にぐるぐると。。。しかも、ここでもまたまたカスミソウを勧められたんです。だからぁ。。。花嫁のブーケじゃないならいいけれど、花嫁のブーケには、それは嫌なのぅっ!!

テーブルの花もいまさらキャンセルできないので、「バラだけ、黄色は入れないで!!」ともう一度しつこく。もう、こうなると、どうせテーブルの花なんて、皆、気づかないだろうし、多少好みどおりでなくてもいいや。と開き直るしかない状態です。

終わって落ち着いて見てみると、いらいらした彼に乱暴にぐるぐるまとめられたブーケはちょいと形はいびつで、テーブルの花は黄色は入っていないがカスミソウあり。。。

なんとか時間までに会場には届いていたし、テーブルの花はカスミソウが入っていてもよかったけれどね。。。でも、私の話は聞いていなかったってことね。。。
この騒動を知らない人は、お花が綺麗だと言ってくれたので、結果おーらいってところでしょうか。。。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-09 22:35 | 結婚

第一日曜日は、美術館が無料の日-ポンピドーセンター

毎月第1日曜日は、パリの主要美術館は無料で入れるようになります。
パリの美術館はどこもとても大きいので、はじからはじまで見ていると疲れます。
そこで、わんこは、この日を利用して、時々、狙った獲物のみを見に美術館に出かけます。

今回の目標はポンピドーセンターのシャガール。
絵の下調べをして、お出かけです!

天気がよかったのと、このところ運動不足が続いていたので、我が家から徒歩で。
最初は元気よく歩いていたのですが、日差しが強すぎたのもあり、パリ市庁舎の目の前で一旦休憩する必要がありました。

c0157533_1557277.jpg


国立現代美術館には、わんこもわんこ夫も小学生の頃に社会見学で来たことがありますが、それ以来でした。二人とも美術品に関する記憶は皆無で、ポンピドーセンターのチューブのエスカレーターだけを覚えていました。。。

そのエスカレーターを上っていくと、まずは、モダンアートのフロアーに着きます。今思えば、まずは目的のシャガールを制覇してからにすればよかったのですが、まずはそのフロアーをぷらぷらしてしまいました。おかげで1つ上のフロアにあるシャガールにたどり着いたときには、結構くたくた。あまりじっくり見ている余裕がありませんでした。。。

c0157533_1613214.jpg「杯を掲げる二重肖像」です。シャガールが、自分が奥さんベラと結婚したばかりの様子を描いたものです。シャガールの絵は、色にテーマが込められていて、赤は自分の色、白は聖なる色、紫は至福を表す色なのだそうです。
この絵、私はどうしても頭のてっぺんにいる紫色の天使に目が行きます。帽子かなにかの飾りのようにみえます。なぜ、あんなところにいるのかなーーって。あとは、なぜ、背景が向かって左側が真っ白で、右側が黄色なの?
ベラも片目を隠されているし、今にも倒れそうで、なんとなくアンバランスな感じの絵だなーと思いながら、次に↓こちらを見に行きました。

c0157533_1633912.jpg「ロシアとロバとその他のもの」です。シャガールは、ロシア出身のユダヤ人なんですね。首が飛んでいて不気味かもしれないですが、私は、こちらのほうが、好きです。黒い空のなかに、虹色がにじんでいる部分があり、なんとなく奥行きを感じます。その空に不思議なものが一緒に浮かんでいて、なんだか物語の世界のようです。この絵についてのシャガールのドキュメンタリーがあるようなので、それを見てからまた絵を見に戻ろうかと思います。
もちろん、無料で入れる第1日曜日に。


こうしてみていると、以前訪れた、ニースのシャガール美術館にまた行きたくなりました。
明るい光の中に、シャガールの幻想的な絵が浮かび上がっていて、とても楽しかった覚えがあります。でも、ニースは微妙に遠い。。。いつかね。。。

さて、次の第1日曜日には、オルセー美術館あたりに舞い戻ろうかしら?実物を見たほうがいい絵はなんだろう?最近は、私の周囲は、モネブームだったので、やっぱりモネにしておくかな。
わんこ、次の目標設定始めます。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-08 16:59 | お散歩