カテゴリ:おいしい物( 33 )

セーヌ河畔で子連れレストラン

突然仕事をすることになり、困ったのが、眠らない姫をどうするか。
来週から来てもらえますか?と言われたところを、どうにか1週間延長してもらって、日本からわんこの母をよびよせることになりました。

おかげで、安心して姫を家に置いていけるので、初めて、子育てしながらの仕事を開始するのにはとても助かりました。約一ヶ月こもりをしてもらって、来週には出発という週末、我が家に一番近いセーヌ河畔のレストランに皆ででかけることにしました。

c0157533_23404018.jpg

場所は、Le restaurant de batofar
我が家から、徒歩2分です。これなら緊急事態には家に直ぐ帰れます。赤ちゃんをつれていると、何が起こるかわからないので。。。
c0157533_2343337.jpg

川沿いのオープンスペースなので、多少眠らない姫がわーわー言っても大丈夫かなと思ってこのレストランに。

c0157533_5231834.jpg

ボリュームたっぷりサラダ。鴨肉やフォアグラなどがのっていて、これだけで一食になります。


メインはお肉のグリルばかり。グリルがおいしいので有名なのです。
c0157533_5234830.jpg

羊肉。全然臭くなく、食べやすかったです。

c0157533_524243.jpg

こちらは鶏。

全体に、かなり薄味ですが、焼き加減がとてもよかったです。

c0157533_527301.jpg

本当なら、ゆっくりデザートを堪能といきたかったのですが、やはり誰かさんが席に座ったとたんからわーわーいいだしていたので、交代に抱っこしてレストランの周りをぐるぐるしないといけない状況だったので、早々に帰ることにしました。。。
やはりオープンスペースなので、子連れには気兼ねしなくてすむのがいいです。他にも沢山子連れ家族もいましたが、こんなに落ち着きなく、ぐるぐる動き回らないといけないのはわんこ家だけではないか?と思うのは、気のせいでしょうか。。。?

ああ、家族でゆっくり食事ができるのはいつになるのでしょうか。。。?
あ、でも、その前に、ゆっくり寝れる日が欲しいかな。。。
[PR]
by emilyeinparis | 2010-08-01 23:54 | おいしい物

マイブーム : チコリコーヒー

4ヶ月の乳飲み子を抱えていますが、わんこ、実は母乳の出がよくありません。
産院にいる時点で既に母乳の出が悪いので、退院も延期され、退院前には眠らない姫は大量にミルクを飲ませられていました。退院後も母乳のみにできるように、飲みにくい哺乳瓶を使ったり、母乳を頻繁に与えるようにしてみたり、色々とやってみたのですが、ミルクを減らそうとするたびに、姫の体重増加が止まってしまうために結局断念。4ヶ月の今も、1日の必要量のうち半分ほどがミルク、残りが母乳の状態です。

そんな中、母乳の出をよくするという、タンポポコーヒーと言うものの存在を知り、スーパーやBIOのお店で探してみたのですが、見つかりませんでした。
でも、代わりに見つけたのが、これ ↓ 

c0157533_18213423.jpg


チコリコーヒー。よくみると、チコリを主として、他に色々なシリアルが入っているようです。

c0157533_18223640.jpg


まずいんだろうなーと想像しながら、タンポポコーヒーを見つけられなかった腹いせに買ってみました。
が、結果、意外といけます。
ただでさえ寝ない我が家の姫にカフェインを母乳を介して注入はしたくないと思ってコーヒーは控えていたので、コーヒーの代用として意外といけました。
昔、ヨーロッパにコーヒー豆が入らなくなったときに代用品として開発されたそうです。最近では水溶性食物繊維が沢山含まれていて、健康にいいということで見直されたようです。

というわけで、マイブーム(死語?)はチコリコーヒーでした。



人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2010-05-27 18:30 | おいしい物

edamame

これ、なーんだ?

c0157533_0203352.jpg


日本人なら誰でも知っている枝豆。
フランスでは知られていません。
めったに食べられません。

これを、フランスの冷凍食品で有名なPICARDで見つけたときの嬉しさったら。
普通のフランス人向けのお店ですよ!どこにでもあるんですよ。

商品名はその名も「EDAMAME」。
なんだか、よくわからないソースがついていましたが、もちろん、私は塩だけ。
解凍するだけでちょうどいい硬さです。
お勧めです。

と言っておけば、売れてくれて、商品として残ってくれるかしら?
結構売れ残っているのが気になる、わんこなのでした。。。



人気ブログランキングに参加中。
火曜と木曜の更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


こちらも、さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2009-05-21 20:18 | おいしい物

韓国料理 パリ12区 NAMOU

わんこ夫の通っているテニスクラブはパリの12区にあります。
そのテニスクラブに行く時、毎回自転車で、ある韓国料理のお店の前を通るらしいのですが、そのお店がいつも混んでいるとのこと。
しかも、場所は、Porte de Charenton という、このあたりの公園のスポーツクラブにでも用がない限り、わざわざ降りないであろう駅のそばにもかかわらず。
それは行ってみなければ!そのお店の直ぐそばに住んでいる友達も呼び出し、わんこ夫と3人で、ある夜、行ってみました。

c0157533_2057401.jpg


まだ新しいのでしょうか?外はもちろん、内装もとても綺麗です。
19.5€のMENUの中から、3人とも、もちろんBulgogi!要するに焼肉。

c0157533_2142276.jpgおおっ、これぞ、お通しだっ!

c0157533_2155967.jpgおおっ、刺身だよっ!ちょっと小さいけれど。。。でもしょうゆのお皿についているワサビを葉っぱの形にしていたりして、心遣いがすばらしいっ。

c0157533_2173193.jpg餃子だよ、餃子!ぱりぱりしていて、うまいっ。と、毎回、何かが出てくるたびに騒ぐ日本人2名。。。サービス係りの男の子は、いかにも韓国人って雰囲気。彼らも、きっと、私たちが日本人だと直ぐに気づいていたことでしょう。

c0157533_21102988.jpgさぁ、ここで、本日メインの肉の登場。
おおっ、超薄切りの肉だよっ! 

ささっと焼かないと焦げ付いてしまいます。

c0157533_2112197.jpgここで、お肉と一緒に、ずらずらーーーと、色々出てきます。ミニビビンバにスープにキムチやナムル。机にこれ以上お皿がのらない。。。あー、アジア料理はこうやって野菜の種類が多いのがいいねーー。と日本人2人。


しかし、あくまで、肉食育ちのわんこ夫は、超薄切り肉では肉の量が足りない様子。なので、肉のみ追加していました。彼には、これでもまだ、足りていなかったかも。。。

男性は、少し追加しないとおなかいっぱいにはならなさそうですが、味はとってもよかったです。
今回は全員牛焼肉だったので、次回違うもの頼んでみようっ。
わんこ家の徒歩圏内にいい店発見です。

最後に、小さく食べやすいように切ったフルーツをサービスしてくれました。
c0157533_21173945.jpg


お店の情報:
Namou
310 rue de charenton, 75012 Paris
01 43 43 43 38
http://www.namou.fr/(音がなります。とてもかっこいいサイトになっていますよ!)



更新があまりにも不定期だとの指摘を大変よく受けました。。。はい。すみません。。。でも、わんこ、ブログの更新をできれば義務にしたくないのですっ。でもあまりにも不定期だと見てくださっている方々は、どのタイミングで見ればいいのかわからないと思いますので、今後は、できれば日本時間の火曜日と木曜日を更新の目標とします。できればね。。。
こんなわんこですが、これからもブログともども、よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングに参加中。
火曜と木曜の更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


こちらも、さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2009-05-12 21:28 | おいしい物

白アスパラ

ロンドンから来た友達が食べたいと言っていたので、以前、一回買って試してみたことのある生の白アスパラ。確かその時は一束7€~8€していました。大急ぎで塩茹でして食べてもましたが、まーー、こんなものかな?って感じの味でした。

その白アスパラがいつものスーパー、カルフールで2€!お買い得品の札が張ってあります。安いぞっ!
やはり野菜・果物は、安い時が一番おいしい時のはず。
よし、これは再度チャレンジだ。と、野菜嫌いのわんこ夫は食べないことはわかっていたのですが、買ってみました。

ネットでレシピを探したら、ひたひたの水に、バターと砂糖と塩とレモン汁でゆでるのがいいとのこと。根元の皮をピーラーで取り除いて、適当にバターと砂糖と塩とレモン汁をいつものルクルーゼ鍋に入れてゆでること12分でできあがり!

c0157533_16534660.jpg


鍋から取り出すときに一本折れたので、それを試食してみました。

うまいっ!

ほんのりバターの味がして、苦味がまったく無くてとっても甘い。マヨネーズなんて全然つける必要なし。
せっかくこんなにおいしいのに、誰かさんは一口も食べる気をみせず。。。せっかくなので、翌日、わんこ夫の実家に行くときに持って行ったら、大好評。あっという間になくなりました。

よし。次も、まだ安かったら、また買おう。一人で全部食べてやるっ!



人気ブログランキングに参加中。
がんばりますので、応援してくださいな。。。

←ここをクリック


こちらもクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2009-05-06 17:04 | おいしい物

ナント(Nantes)日帰り旅行

そろそろ、「更新しなさいっ!!」と友達に怒られはじめそうだなぁ。。。というわけで、本日は先週金曜日の日帰り旅行の話です。

その日は、なんとっ、ナント(Nantes)に行っていました。(←これ、一度言ってみたかった。)
フランス西部の街です。「ナントの勅令」って世界史を勉強していたら聞いたことはないでしょうか?その勅令が何者なのかは。。。興味があるならウィキペディアでも見てみてください。ま、兎に角、その勅令がだされた街です。
ブルターニュに入るのかと思っていたら、Pay-de-la-Loireに入るんですね。ウィキペディアを見たら、「ナントとブルターニュ」という項目があるくらい、ブルターニュとの関わりは深く、フランス人でも間違える間違えなのだそうです。私もフランス人らしい土地勘が少しついてきた。。。?
そこで開催されているクラシック音楽祭(今年のテーマはバッハ)に行くのが目的でした。

c0157533_1834745.jpg誘ってくれた友達とモンパルナス駅で待ち合わせです。
前日にフランス全土の大規模なストがあったので、心配していたのですが、金曜日はほぼ通常通りになっていました。ストなんて言葉をほとんど聞かない日本からやってきた人にとって、このスト、計算外の心配が増えます。

c0157533_1895639.jpgTGVで2時間半。早朝に出てきたので電車では寝るかと思っていたら、興奮のあまりおしゃべりが続いてしまい、一睡もできずに到着。私もまだ若いな。。。
今日は天気もいいし、日帰り小旅行には最高です。


さて、着いて早々って、右も左もわからない状態です。インフォメーションセンターないかなーと電車のチケット案内のおじちゃんに聞いたら、「はいはーーい。」とばかりにすぐに街の地図をくれて、「ここがツーリストセンター。音楽祭会場はここ。」と親切に教えてくれます。
あーー、でた。やっぱり田舎の人たちはとても感じがいい。最初に話しかけた人がいい人だと1日いい気分でいられそうな気になります。

まずは会場に行き、予約しておいた目的のコンサートチケットを受け取りと、残っているコンサートで時間が合うものを一つ適当に予約しました。朝一番だったので何とか取れましたが、私たちの後はもうほとんど席は残っていなかった感じ。。。
このときも、予約チケット受け取り窓口、チケット購入窓口、案内係のお兄さんと、みんな本当に感じがいい。
どーーーして、パリの人たちはあんなに感じが悪いんだっ?!どうしてこうできないのだろうか。。。忙しい街の人は余裕がないのかしら。。。

ま、そんなこんな、大勢の人が押しかけて大混乱の会場をあちこち動き回っていたので、チケットがそろった時には、12時ちょっと前。朝早くに出てきていたので、おなかはすっかり空いています。そこで、一緒に来た友達が、「ナントに住んでいるらしい日本人のブログでおいしそうなレストランが出ていたんだけれど、行ってみる?道の名前しか覚えていないけれど。。。」と。
つくづく、日本人の情報はあてになるのです。しかもブログ情報は商売目的でないだけ信頼できます。それは行くしかないでしょ。しかも、会場の裏手、そんなに遠くないところにあるはずとのこと。

c0157533_18272275.jpg道の名前だけを頼りに(店の名前も不明でした。。。)ふらふらと歩いていたら、その友達が「あ、あんな感じの建物だった。」と、発見です。
おっ。いいかんじ。


c0157533_182932100.jpg
古そうな建物は正面だけで、内側は後から作った天井の高い2階建ての温室のようなつくりで、日の光がたくさん入ってきて、気持ちのいい空間が広がっています。開店10分前に到着してしまったので、入り口横のお店をぶらぶらしてちょっと時間をつぶしていたら、どんどん人が到着してきます。そこで、あわてて私たちも。あっという間にいっぱいになっていたので、予約していなかった私たち、早めに来てよかった。

c0157533_18445445.jpgメニューは、アラカルトには色々あったのですが、私たちは平日のランチメニュー(どうやら火曜と金曜だけのようですね。ちょうどこの日は金曜日でした。)にしました。コンサートまでの時間が不安だったので、デザートなし、前菜と主催のみの15ユーロです。

c0157533_18394514.jpg私の前菜、豚のパテ。うまい!!!すごい。普通こってり重たいというイメージのパテがさっぱりした絵シャロットのソースとのバランスが絶妙。

c0157533_18423155.jpgこちらは友達が頼んだピジョンのフォアグラのムース。このムースを食べるためのトーストされたパンにつけて食べるのですが、こちらもすごくおいしい。脂っこくなくふわふわ。いい香りがするし

c0157533_18455949.jpg
メインは1種類しか選べなかったので、二人とも同じものです。牛の煮込み料理?(正確なメニューの名前忘れました。。。黒板の写真くらい撮っておけばよかった。。。)肉はとっても柔らかく味がよくしみこんでいます。そして、二人とも大感動したのが野菜。柔らかすぎず硬すぎず、そして素材自体がおいしいのか、おいしい。私が本当は嫌いなセロリがおいしかったり。一緒にいた友達はジャガイモが気に入ったそうです。
しかし、2人前かと思うほどの量が一人分。。。もったいないけれど、これ以上無理。と半分くらいは残しました。

c0157533_18492321.jpgデザートは頼まなくて正解です。これ以上なにも胃袋に入れられない状態だったので、コーヒーだけ頼みました。コーヒーだけでも小さなクッキーとフィナンシェがついてきたので、それでちょうどいいくらい。


店員さんも最初からとても丁寧で、感じがよかったです。合間合間にどんなにお客さんがいっぱいになってもこちらの様子を伺いに来てくれたり。手元を誤ってナイフを落としたときも、すっとんできて、「いいからそのままそのまま動かないで。」とすぐに交換してくれました。
この値段で、この味で、このサービス。パリではありえない!近所にこのレストラン欲しい!!と二人で大騒ぎしていました。

このレストランに来れただけでもナントまで来た意味があったねーー。と二人とも大満足でした。実は、まだ、本当の目的のコンサートに行っていなかったんですけれどね。。。

さて、長くなったので、続きは次回。。。



レストラン詳細:
Maison Baron Lefevre
c0157533_1901011.jpg



人気ブログランキングに参加中。

←思いついたら、クリック!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2009-02-03 19:03 | おいしい物

Chez Nour (シェ・ヌール) - フランス風レバノン料理

パリのレストランは、日曜日と月曜日がお休みということがよくあります。
友達の友達が私の友達だったということが判明し、善は急げで皆で会おう!と思ったら皆の予定がやっと合ったのが月曜日。そして、行こうと思っていたお店は案の定、月曜休み。
そんな月曜日にも、レバノン料理屋さん、Chez Nourはやっていたので、今回はバスチーユ広場に近いこのレストランで集会です。
c0157533_1311351.jpg


お互い、間にいる友達を介して、ある友達の噂話を聞いてはいたのですが、まさか自分の知っている人のことだとは思ってもいなかったために、3人が知り合いだとわかったのは最近です。実は、5年以上前から、3人は知り合いだったということが判明しました。いやー、やっぱり世界は狭い。外国にいても、世界は狭い。

さて、メニューは。。。はっきりって、レバノン料理とは、なんぞや?という、まったく知識のない3人。とりあえず、Menu Mezze(メッゼ)2名以上で注文となっている、暖かいのと冷たい前菜がセットになっているものと、色々なお肉のグリルの盛り合わせらしきものを1人前頼みました。
これなら、3人で取り分けしながら食べれるからちょうどいいかな?と思って。
おしゃべりに夢中だったのか、全然待った感じがしないくらいで、はい、どーぞ!と全部一気にテーブルに並べてくれます。

c0157533_1471460.jpg


色とりどりお皿もかわいくて色々な種類があって、これは見るだけで楽しい!
注文をとったのと同じ、このお店のオーナーらしきおじ様が一皿一皿、中身を説明してくれました。

薄いピタパンのようなものに小皿のものを挟んだりしながら、食べるのだそうです。先ほどのおじ様いわく、食べ方はどうでもいいのだそうです。これまでのおしゃべりがうそのように、3人黙々と食べ始めます。「これとこれ、あわせて食べるとおいしいよ。」と、時々コメントをしながら。

最後まで、何とかお皿を空にしようと、わんこ、がんばったのですが、無理でした。お腹いっぱいです。そして、食後は甘いミントティー。これもほっとできる甘い味です。
ポットをたかーーく持ち上げて、上から、ぽとぽとぽとっとコップに注ぐんですね。こうやって注がないといけないものなのかしら?

さて、お会計は、こんなにお腹いっぱいになって、一人20ユーロ弱。安いです。

お店のカードを見直したら、「Restauration Franco-Libanaise」と書いてあります。フランス料理とレバノン料理が合わさった料理を出すレストランということでしょうか?ということはやはりこれもフランスでないと食べられないものということ?おいしいし、旅行中に野菜不足になっている友達が、何か変わったものを食べたいというときには、ここにいい。と、最近パリのガイドとしての腕(いや、別に本職ではありません。が、他に仕事をしていないので、これが本職のような気になりそうです。。。お金は出て行くばかりですが。。。)をもう少し上げておかないとと思っていたわんこにはいい発見でした。

レストラン詳細:
Chez Nour
住所: 20 Boulevard Rechard Lenoir, 75011 Paris
電話: 01 43 55 37 93



人気ブログランキングに参加中。

←思いついたら、クリック!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2009-01-20 02:17 | おいしい物

Le Coude Fou マレのビストロでPetit(プチ)同窓会

わんこの中学高校の友達は、本当に世界中に散らばっています。
リバプール在住の友達ともう一人パリに住んでいる同級生を呼び出して、3人でパリプチ同窓会と称して、パリ市内のビストロでランチをしました。

c0157533_2091285.jpg


12時開店なのですが、ちょうどについてもまだ準備中の雰囲気。。。
でも、「どーぞ、お好きな席に。」と、入れてもらえました。

ランチのメニューは、20ユーロで、前菜・メイン・デザートにグラスワイン2杯つきだそうです。
(前菜かデザートのどちらかだけで、17ユーロと言うのもありました。)
ワイン2杯?思わず、確認してしまいました。
そんなに飲むかねーと言っていたら、じゃ、一人1杯ずつとりあえず頼んで、後は、またあとで考えたら?と、パリでは本当に珍しい感じのいいウエイトレスのお姉さんが、言ってくれました。

c0157533_20263163.jpg
前菜のブーダン(豚の血と脂の腸詰)のサラダ。ブーダンが苦手なわんこは頼まなかったのですが、これはいけます。ブーダンが暖かくて、しっとりしていました。

c0157533_20284954.jpg
わんこが頼んだのは、こちら、ウサギのパテ。子供の頃に食べたときに臭いが気になって食べられなかったトラウマがあったのですが、全然臭いはしません。ボリュームがすごいぞ。。。

c0157533_2031564.jpg
こちらは豚肉のグリル。人が頼んだものですが、ちょっとつまみ食いさせてもらいました。ちょっと乾いた感じがしましたが、しっとりしたマッシュポテトと一緒に食べるがいいです。

c0157533_20352822.jpg
魚。確か、Cabillaud(タラ)でした。ソースが付け合せのご飯と合います。
付け合せとのバランスがいいですね。


さて、かなりいい加減な食べ物についてのコメントになりつつあります。。。というのは、実は食べ始めた頃には、ワインもまわりはじめ、昔話が大盛り上がりだったのです。

スキー旅行って自由参加だったっけ?行った?あれって、何年生?中学3年?あの時、歯磨きの音がすっごい特徴的な人がいて、夜中に笑ってしまって、先生に起こられたんだよねー。あーー、私もそれ覚えている!!もしかして、同じ部屋だった?そうかも!4人部屋だったから、あと一人いたはずなんだけれど、誰だろう?

という具合です。
その場にいない友達の当時の珍行動をお互い列挙しては、大笑い。当時は全て真剣だったのでしょうけれど、今思い出すと笑えます。

c0157533_20523829.jpgフロマージュ・ブラン。模様が綺麗。

c0157533_20543040.jpgフォンダン・ショコラ。フォンダンとは溶けるという意味ではないのかしら?あまり溶けていなくて、ほとんどチョコレートの塊り。


ところで、前述のワイン2杯目、どうしたかというと、お姉さんに、ワイン1杯しか飲んでいないんだけれど、2杯目コーヒーでもいいかしら?と訊いたら、「もちろんOKよ!」とのこと。
コーヒーを飲んでいる頃には、周囲の人は皆食事も終わってほとんど出て行きました。
話に夢中で長居していることに全然気がついていませんでした。でも、全く嫌な顔もせず放っておいてくれます。お店の人が自然に感じがいいのがとっても気に入りました。パリの中心で便利な場所だし、すぐにリピートしそうです。

レストラン詳細:
Le Coude Fou
住所: 12 rue du Bourg-Tibourg, 75004 Paris
電話: 01 42 77 15 16


ところで、上記スキー旅行の部屋割り、いまだに詳細不明です。もしも覚えている人がいたら、ご一報を。わんこ、なんとなくすっきりしない毎日を送っていますので。


人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2009-01-14 21:07 | おいしい物

人気のビストロ - Le Comptoir du Relais

大学時代の同級生がパリに遊びに来ました。
日本からの友達が来るたびに驚かされるのが、豊富な情報。皆、話題のお店をあちこちでチェックしてきていて、パリに住んでいる私より詳しいことのほうが多いのです。

今回も、彼女が行ってみたいと言い出したのが、話題のビストロLe Comptoir du Relaisでした。

c0157533_19151331.jpg


夜の予約は一杯だけれど、昼は予約できないので、12時前に行って並ぼう!ということで、12時5分前に到着した時にはすでに数組が並んでいます。
すごいぞっ。
こんなに人が並んでいる風景はフランスではなかなかみかけないので、ちょっとびっくりです。
それにしても、日本人が多い。。。

すぐに案内され、無事、店内の席を確保して、さて、メニューと格闘です。
すべてフランス語。日本からの友達に説明するのも一苦労です。
調理方法や肉の部位によって言葉が違うので、料理用語は難しくて。。。

c0157533_20275030.jpg


この日は寒かったので、前菜に私が頼んだのは、魚のスープ。
かわいい入れ物に入ってきていて、結構なボリューム。
意外とさっぱりしていて(結構味が濃い場合が多いと思っていました。)、でもだしが効いていておいしかったです。

c0157533_20293931.jpg


肉は、羊肉。
こちらもボリュームたっぷり。
しゃぶろうと思えばしゃぶれるくらいまだまだお肉は骨に残っていたのですが、もうお腹一杯でギブアップです。
デザートまではいけませんでした。

よし、今度、日本の友達とサンジェエルマン界隈に来たときにまた行こう。今度はデザートにチャレンジだっ!

<Le Comptoir du Relais>
9, Carrefour de l'Odéon, 75006 Paris
Tel : 08 26 10 10 87
M:Odeon


人気ブログランキングに参加中。

ぽちっとクリックお願い!
楽しんでいただけたら、クリックで応援してください!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-12-12 20:39 | おいしい物

久しぶりの鮨  パリ14区

フランス人の友達がSUSHIレストランに行きたいというので、彼の家の近所の日本人がやっているお鮨やさん、喜楽亭に行ってきました。

c0157533_1375151.jpg

美味しい!

c0157533_1543669.jpg

こちら、てまり寿司。
かわいかったので、頼んでみましたが、ちょっと量が足りなかったかな。。。

魚が新鮮で美味しかった。
久しぶりに、日本の味です。
日本は今頃、秋の味覚で、美味しいものが沢山あるんだろうなぁ。。。と思うと、日本に帰りたくなりました。。。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援お願いします。

時々、クリックお願い!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-11-14 02:01 | おいしい物