カテゴリ:妊娠( 2 )

妊娠線予防グッズ

さて、わんこはいよいよ臨月に入っていますが、まだ産まれていません。

私の病院の場合は90%以上が無痛分娩だとのことで、私もその予定です。無痛分娩が普通のフランスでは、ほとんどの産院が24時間体制で麻酔医が待機しています。なので、自然に陣痛が来るのを待って病院に入って、最後の最後の一番辛い過程の部分にあわせて軽い下半身麻酔をかけることになるようです。というわけで、全て病院の診察や検査が終わり、特に問題もなく、後は赤ちゃんが外に出る気をだしてくれるのを待つばかりなりました。

この、いつ来るかわからないという状況、結構退屈です。今後しばらくの約束は入れられないし、外出も控えないといけないし。こうして、基本的には家に閉じ込められているわんこは、最近は、1日に3回、妊娠線予防クリームをお腹に塗りこむことに凝っています。

わんこが使用している妊娠線予防クリーム類は2種類あります。

一つはベビー用クリームで有名なMustelaの9mois シリーズのVergetures。
c0157533_2282266.jpg

甘い香りがするクリーム状のものです。最初、香りが気に入っていたので、妊娠7ヶ月目くらいからお風呂上りにいつも軽く塗りこんでいました。ただ、あまりしつこくマッサージするようにこすっているとポロポロと浮いてくる感じがあり、毎日塗っていると香りにも飽きてきてしまいました。

そこで最近気に入っているのは、日本でも有名な自然派化粧品のWELEDAのHuile de Massage Vergetures。
c0157533_2255917.jpg

すっきりした香りのオイルです。日中にお腹をマッサージしながら塗りこむと、上記のクリームに比べて肌にしっかりしみこんでいく感じがします。

最初からお腹にクリームやオイルを塗るのが楽しく感じたので、わんこにしては珍しく根気よく毎日1日3回塗りこんでいるおかげか、今のところ妊娠線は出来ていません。出来ないままいけますように。。。


人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2010-01-11 02:59 | 妊娠

フランスでの産院選び

気が付いたら、もう12月!
一ヶ月も更新していなかったんですね。。。

更新をしなかった理由はただ、気分が乗らなかっただけなのです。はい。
というのも、わんこの関心が実は別のことに向いていたのです。確実になるまでブログでのご連絡はやめようと思っていたのですが、確実っていつだろう?ということで、今後つじつまが合わなくなるとマズイので、この辺りでご報告しておきます。

というもの、わんこは今妊娠中です。
予定日は1月後半で、いま妊娠8ヶ月目です。
妊娠してインターネットで色々とフランスの出産事情を調べている時に、大変役に立つのが、フランスで出産した方々のブログだったのです。
なので、私も他の方の役立てるように、今後は時々フランスでの出産についても書いていくことにします。

日本もそうらしいですが、フランスも、妊娠がわかったらまずやらないといけないのが、産院の予約。早い者勝ちで、いい病院はあっという間に一杯になるらしいのです。なので、妊娠がわかった場合には早急に色々とやる必要があります。

まずは、産院選びです。
大きく分けて2つ選択肢があります。

一つ目はフランスでClinique(クリニック)と呼ばれている私営の病院で産む方法。
同じ病院で最初から最後まで見てもらえるので、煩雑な手続きを自分でコントロールする必要がないのが利点です。また、病院によっては診察の度にエコーをしたり、出産の入院時の待遇がよかったりするそうです。ただし、任意保険のカバーしてくれる程度によって、自己負担の費用が大分発生する可能性があります。また、カトリック系が多いので、宗教的観点に縛られた治療方針になっていることもあるとのことです。(例えば、どんな障害を持っているとわかっても中絶を認めない等。)

2つ目はHopital(オピタル)といわれる公営の病院で産む方法。
この場合、Hopitalの予約は早々にする必要がありますが、前半は別途街の婦人科の先生に診てもらい、後半からHopitalの指示に従うことになります。それぞれのお医者さんの指示に従い色々な検査やエコーを街のラボに自分で行ってやってもらい、自分で自分の経過を把握し、病院や先生が変わる時にはそれらの書類を提出の上説明する必要があります。ただし、医療保険で費用のほとんどがカバーされ、自己負担がほとんど発生しません。また、大きな病院が多いので、緊急の場合の処置に関しては安心できます。

わんこは、医者であるわんこ夫の母の指示に従って、初期の動作がとても速かったので、早々に評判のいいHopitalが予約できたので、2つ目の方法をとることにしました。

c0157533_16425389.jpgわんこが予約したのはパリ14区のMontsouris(モンスリー)公園のすぐとなりにある、L'Institut Mutualiste Montsourisです。

c0157533_1650629.jpg
病院の歴史は結構古いらしいのですが、建物は立て直しているので近代的です。
この建物が綺麗で開放的だという点、わんこはまず気に入りました。古く、薄暗い建物の多いパリでは大変貴重です。出産とはいえ、嫌なことも多い病院の中が鬱蒼としていると、行く気がしなくなりますものね。

c0157533_16534623.jpg
これが、玄関ホール。左手が入り口です。ガラス張りで上が吹きぬけになっていて、日の光が沢山差し込むようになっています。
なにかと受付で不愉快な待遇を受けることが多いフランスですが、これまで何回もこの病院に行っているなかで今のところ一度も不愉快な扱いをされたことがありません。これはこの国ではとても珍しいことです。中で働いている人たちの関係も良好で、病院としてうまく機能しているからかしら?と思ったりしました。

c0157533_1712314.jpg
わんこがお世話になっている産科はこの階段を上って行ったところにあります。このところ毎週通っている母親学級も産科横の部屋で実施されるので、最近は毎週2回くらいこの階段を上り下りしています。

フランスの出産事情など、全然わからないわんこですが、4人も子供がいるわんこ夫の兄夫婦やわんこ夫の母のおかげでなんとか無事8ヶ月目も後半までこれました。。。
体調は本人は色々と文句がありますが(背中が痛い、お腹が苦しくて食べられない、寝苦しいetc.)、今のところ大きな問題もなく順調に行っています。
こういういつもと違うことがあると、面白いお国の違いに気が付いたりします。今後はそんなことも時々書いていこうかしら。。。
というわけで、これからもよろしくお願いします。


人気ブログランキングに参加中。
更新がんばれっ!と応援してくださる方、ぜひクリックをお願いいたします。

←ここをクリック


さらに5秒ほどお時間に余裕のある方、クリックしてくださると、励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emilyeinparis | 2009-12-12 17:07 | 妊娠