カテゴリ:生活の知恵( 9 )

家庭菜園  パセリとしそ

我が家のあるパリ13区には大型中華スーパーがあるので有名です。
色々なアジア食材が手に入るので便利です。

が、しかし。。。

フランスでも中国産の野菜は農薬が多くて危険ということは以前から言われていたようなのに、中国産が多いのです。なので、なんでも産地チェックをしながら買物です。
生鮮野菜も沢山あるのですが、中国産にはやはり手を出す勇気はないですね。。。
さらに、最近の日本のニュースを見ていると、産地表示自体も信用できないし。。。

こんな時、最も信用できる方法は、古今東西どこでも同じ。自家栽培!!

c0157533_043455.jpg以前、蒔いたパセリは、台所の窓につるしてあるプランターの中で、ぐんぐん育っています。
パセリが欲しい時に、窓を開けてはちょきっ!
としている跡が見えますね。。。茎だけ残っているのがそうです。
車の排気ガスは沢山かぶっていそうですが、ま、自分も毎日吸っている空気なのだし、そこは仕方がないかな。。。

c0157533_0105623.jpg
そして、最近、蒔いて楽しみにしていたのが、こちら!
しその葉です!芽がでました!!
まだ、全然しそっぽくないけれど。。。


わんこ、どうも、こういう才能がないらしく、この先で枯らしてしまうことが多いので、この先しばらく用心です。

あ、ところで、今気がついた。バカンス中、どうなるかしら。。。
2週間も放っておいたら、きっと枯れるでしょう。。。連れて行く?それともその前に収穫?
うーん、困りました。それまでにどこまで成長するのかしら。。。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

わんこに栄養補給のクリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-11 00:18 | 生活の知恵

そろそろ就職活動開始

もうすぐ、わんこフランス入国から1年になります。
会社を辞めてすぐに移動してきたので、会社もやめてちょうど1年です。
わんこのフランスに来てからのモットーは、「のんびり、おおらかに」。あまり細かいことにかりかりしていると、この国では神経が磨り減ってしまうので。
ということで、結婚式もあるしといって、仕事もせずにのんびりしていましたが、そろそろ言い訳も尽きてきました。。。
なので、少しずつ、就職活動を開始です。

そこで、この日はまず手始めにと、以前働いていたところのパリ事務所の日本担当の方と、パリの就職事情全般についての話をきくために、一緒にランチをしました。
c0157533_4451375.jpg

(そのとき食べた前菜のホタテのカルパッチョ。相手の方が写真を撮っていたので、わんこも隣で、ちょいと失礼させていただいて、1枚ぱちり。見かけどおりとてもおいしかったです♪)

大体、自分がもともといた業界の事情はわかりました。その業界で仕事を再開する際に何をしたらいいのかもわかってきました。そういう意味ではとてもためになりました。要するに、ポイントは、どこの国で同じ、情報収集と人脈(コネ)づくりと狙った会社への突撃です。

わんこの就職活動の問題は、本人が何をしたいかです。それに迷っているために、具体的な就職活動の方向を決めかねているのです。よってなんとなくその後の活動に手を出す元気があまりありません。。。

専業主婦も嫌だけれど、まだ、仕事もしたくないなーー。もう少しのんびりしたーーい!!!
と叫んでいる今日この頃。
わんこ夫は、「じゃ、そうすれば?」と、放任主義。
ありがたいんだけれど、このままだとどうなってしまうのかが微妙に不安なわんこなのです。。。
怠け癖がついてしまったかいなぁ。。。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-04 05:11 | 生活の知恵

運転免許証の切替終了!

c0157533_16133572.jpg


じゃーーん。
フランスの運転免許証です。
めでたくやっと入手です。日本の運転免許証を切り替えました。
これで、やっと到着1年以内にしないといけないアドミ関連の届出が終了です。

これを入手するには、まず滞在許可証が必要です。それができたら、次は日本の運転免許証の内容をフランス語で証明した書類を大使館にもらいに行き、全部資料がそろったところで、パリの警察署に行きます。
その場でやってくれるのかと思ったら、2ヵ月後のRendez-vousを渡され、「この日にまたきてね!」。
ぎりぎり入国後1年以内(でないと切替できなくなる。)だなぁ。。。と思っていたら、その日に緊急入院することになり、警察に電話をして、「入院して、どうしてもいけない!」と、証明書まで用意したのですが、あっさり、「じゃ、これるようになったら、できるだけ早くいつでもいいから、来て。」と。
なーーんだ。もしかして、あまりランデブーには意味がなかった。。。?でも入国後1年以内を過ぎてからもめるのも嫌なので、退院後すぐに行きました。

長く待つだろうことを予想して、水と雑誌を抱えて行ったのが正解。すみずみまで読み終わるほどこの日は待ちました。あとは硬い椅子からお尻を守るクッションを持っていけば完璧。(そこまでしたら、ちょっと変な人だろうけれど。。。)
でも手続きは始まってみれば、はやいはやい。最初は怖そうな無愛想なおっちゃんだなぁと思っていたら、意外と親切。怖い顔のままジョークを飛ばしたり。
そして、その日にもう出来上がり!えっ、もうもらえるの?と思わず言っちゃいました。
ここまでが長かったので、こんなすぐにできるとは思いもせず。
しかし、日本の免許証に比べて、なんか安っぽい。しかも更新がないので、この紙っぺらが一生??破かないように気をつけないと。。。

ところでこの警察署には、滞在許可証の時から始まり、何回も来ています。
で、ここに来るたびにわんこがする儀式が、ここに挨拶をすること。
c0157533_16214873.jpg

パリのノートルダムです。警察署のすぐ近くにあるのです
冬にもこの目の前にあったクリスマスツリーを何回眺めたことか。
ああ、やっと終わった。。。


。。。と思ったら、そろそろ滞在許可証更新について考えないといけない時期。。。?
こんなに時間と手間がかかることをしばらくは毎年しないといけないなんて!!
まだまだ、ノートルダムちゃんと会わねばならない日々は続きそうです。。。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-07-02 16:34 | 生活の知恵

パリのソルド

先週水曜日からパリのセールが一斉にはじまりました。
暇人、わんこも初日からいざ出陣です!

まずは、サンラザールのプランタンへ向いました。
というのは、結婚式をする際に、Liste de Mariageを開設しておいたので、プランタンの口座に大分お金がたまっているからです。

Liste de Mariageとは。。。?
フランスの、ある意味合理的プレゼントの受け渡し方法です。もともとは、あるお店を決めて、そのお店の商品から新婚夫婦がほしいものをリストにしておき、お祝いを渡したい人はそのお店にいってそのリストから自分たちがプレゼンしたいものを選んで支払いをするというもの。これなら、欲しい物だけかぶることなくプレゼントされるというものなのです。

ところで、この合理的システムがさらに合理的になったのが、プランタンのシステム。インターネットのプランタンのサイト上で、新郎新婦の名前と結婚式の日付をインプットすると彼らのサイトが開き、Liste de mariageが見られます。お祝いを渡したい人はこの中から選らんでもいいし、決まった金額を入れてもいいのです。受け取った側は、Listeの中身には関係なく、とにかくその金額分だけプランタングループ(プランタン、FNAC、Conforama etc.)で、買い物が出来ます。
しかも、今回初めて使ってみて、わかったのですが、セール品だろうとなんだろうと、全てさらに5%OFF!お得です。(別にプランタンの回し者ではありません。。。個人的な感想です。)

しかーーし、セール初日。さすがにすごい人出です。。。靴売り場とか棚に近づくのも一苦労でした。。。が、わんこがんばりました。友達に勧められていた、Repettoのバレーシューズ。このがたがた道の多いパリではヒール靴は辛いが、スカートも履きたい!という時に見方してくれるのではないかと思い、1足くらいほしかったのです。色と形で、幸いほぼすぐにモデルは決まりました。
c0157533_1683760.jpg

ピンクブラウン(?というのかしら?)の少しラメラメの色をしたものです。こういう色は、なんにでも合わせやすくて便利なんです。そして、あとは、足に合うかどうか、サイズをどうするかのために、人を掻き分け、売り子さんを強引に捕まえてサイズを出してもらって人ごみに負けずに試着。うん、いい感じと、あっさり決まりました。

靴好きわんこは、さらにもう1足サンダルを買いましたが、その頃からすごい人出になり、もうこれ以上踏ん張る気力がなくなったので、退散です。

天気もよくて気持ちがいいので、久しぶりにぷらぷらと街を歩いて、途中からは例のVelib!パリ市の貸し出し自転車です。最初はわーーい気持ちいいーー。とご機嫌でしたが、やはり途中から疲れはじめます。特に自転車の取っ手に靴の箱が入っている紙袋を2つも引っ掛けていたので、風の抵抗が。。。
うーーん、一回自転車を返却して、お休みしようかなぁと辺りを見渡しながら自転車をこいでいたら、車をチェックしていたおまわりさんが、おいでおいでのサイン。。。

ひえっ!ごめんなさい!! いや、何も悪いことはしていないはず。。。

と思ったら、
「マダム、自転車、ふらふらしているよっ!そんな運転じゃ危ないよ!」
と警官4人でご注意。皆ニコニコしていて、全然怖くありませんでした。
そこで、すかさずわんこ、
「Velibの返却ポイントこのあたりにある?」ときいたら、
「もう疲れちゃったの?運動は体にいいからもう少しがんばらないと!でもこの先少し行ったところの右にあるよ。」と親切なアドバイス。
「メルシー、ムッシュー。オールヴォワール」とわんこもいっぱしのパリジャン気分♪

Velibをおいてわんこが休憩したのは、こんな場所。
c0157533_16243242.jpg

オーステルリッツ駅すぐ横のJardin des Plantesです。
木陰のベンチに陣取り、Evianを飲んだら、人心地。もぞもぞとソルド戦利品を取り出しては、カメラでカシャ。一人でご機嫌でにやにやしているので、まったくもって変な人だったでしょう。
まー、ここはパリ。周囲の目は気にしない。

そんなことをしていて、ふと気づいたらもう5時半!日が長いので、5時半でもまだ午後の初めのような日差しの強さです。大慌てで帰りました。

このところ色々なことで疲れ気味だったわんこがいきなり上機嫌だったので、仕事から帰ってきたわんこ夫、気味悪そうに、
「どうしたの?」
「ソルドのおかげよ♪買物ってやっぱりたのしぃーー♪女を磨く道具をそろえるのって楽しいわねー。」とわんこ。

あら、ごめんなさい。そういえば、自分の物しか買わなかったなぁ。。。だって、ほら、男ものってよくわからないし。。。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-06-30 16:49 | 生活の知恵

夏が来ちゃった?

わんこたちは、結婚式のために、この週末、マカロンの塔を下見に行きました。
散歩ついでのつもりだったので、Velibに乗って、サンジェルマンのLadureeまで。
c0157533_141817.jpg

サンジェルマン教会です。とってもいい天気です。
日陰にいる分には風もさわやかで気持ちがいいのですが、日向に出ると。。。
じりじり。夏の日差しです。
なんと、この日の日向の気温は。。。
c0157533_172293.jpg

ご覧のとおり。一ヶ月前に雪が降った街とは思えない状態です。

目的のお店、Ladureeも太陽から身を守るためにひさしを出していました。
c0157533_1101129.jpg

参考: Laduree
     21 rue Bonaparte 75006 Paris

さすがに老舗。接客もしっかりしています。色々としつこく質問したのですが、丁寧に教えて頂きました。マカロンの塔は48時間前までに注文をすればいいそうです。問題は、運搬です。。。配達はしてもらえないようなので、取りに行かないと行けません。しかも、かなり繊細なので、人が抱えて運ばないといけない様子。。。前日に取りに行くしかありませんね。。。
また、前日にしないといけないことが増えてしまった。。。

この週末は連休で、皆どこかに出かけてしまったようで、パリ市内は人気がなく、Velibには最適でした。
しかし、春の日差しは意外と体力を奪います。
家に帰ってきて、すぐに食べたくなったのは、これです。果物!
c0157533_1172445.jpg

まだ早いかな?と思いながらも出始めに買ったメロンだったのですが、おいしかった。
さすがは農業国フランスです。季節のフルーツは安いしおいしい。
このメロンも、一つ1.5ユーロ。
フランスがヨーロッパ一の長寿国の理由はワインのおかげだという人もいますが、私は果物のおかげじゃないかと思っています。

メロンはもういけるとわかったので、次の狙いはネクタリン。
そろそろおいしくなってきたかなぁ。。。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-05-12 01:23 | 生活の知恵

パリのお土産

c0157533_029524.jpgわんこは明日、高校時代からの友人たちに会います。
そこで、パリからのお土産を袋詰めしました。
パリの小さなお土産を組み合わせを考えながら袋詰めするのは結構楽しいですね。

お土産を探す時、最初は楽しみながらかわいいものやおいしいものを見て回れます。
でも帰国が近づき、喜んでもらえいたいと思えば思うほど、重圧がかかってきます。

いいお土産の主な条件は、

① 重量が軽い。
② 日本にはない珍しいもの。
③ もらって邪魔にならないもの。

っていうところでしょうか?

①は飛行機の荷物の重量制限にひっかからにようにするためです。
エコノミーの20KG制限は、色々なものをトランクにつめると、あっという間にいってしまうからです。
②は、日本にないからこそフランスから持って帰るのであって、当然の条件なのですが、これを満たすのが本当に大変。
日本で手に入らないものってほとんどないのではないでしょうか?
③の条件から、食べ物や化粧品等、消費するものを選ぶことが多いです。

c0157533_14257.jpg今回は、私のお気に入りのヌガーと一緒に、オリーブオイルとビネガーが小瓶につめられているものと、パテ・飴・栗のクリームのどれかをそれぞれ袋につめてみました。
小さいものがちょこちょこ入っていると、これはなんだろうって楽しめるかなぁと思って。

c0157533_153978.jpg明日、皆にその場で適当に選んでもらうことにします。
私の友人達、長い付き合いなので、お互い遠慮というものをあまりしません。
喧嘩して手に入れるほどの物はないはずなので、大丈夫でしょう。。。

皆、喧嘩しないわよね?!



人気ブログランキングに参加中。

応援クリックお願いね!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-03-02 01:12 | 生活の知恵

長距離飛行機のすごし方

c0157533_003269.jpg


フランスと日本の間の飛行機は、本当に地獄です。
その上、昔はどこでも寝れたので意外と早く時間が過ぎていたのですが、最近は年をとったのか、この窮屈状態ではなかなか寝ることもできません。
そんな時、気を紛らわせるために、いつも何か本などを持ち込みます。

ところが、これも、最近年をとったのか(口癖になりつつある?)、昔ほど本に集中することもできず、また、本を読んだために乗り物酔いになってしまうこともあるので細かい字のものは持ち込んでも読まなくなってきました。

そこで、今回は、この写真のような雑誌を持ち込んでみることに。

この雑誌、手芸・工芸が大好きな女性にはお勧めです。
色々な変わったアイデア等紹介されており、巻末には、材料・具体的な手順の説明がついていて、本当に自分でつくることが可能なようになっているのです。
今のところ、実際に、この雑誌にでていることを実践したことはないのですが。。。

こういう写真が多いものを持ち込むのは正解でした。
眠れないっ!映画も見る気がしない!という時に、この雑誌をぺらぺらめくりながら、へぇ、こんなことできるんだ。
家にある、あれを使って、これをやってみてもいいかな。
などと、色々想像していたら楽しくなり、時間がたつのも早かったのです。

よしっ、今度、フランスへの帰りの飛行機では、日本の雑誌を持ち込もう。
何がいいかなぁ?


人気ブログランキングに参加中。

応援クリックお願いね!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-02-28 00:18 | 生活の知恵

お湯

c0157533_513113.jpg

今日はロンドンからのお客さんが来ました。
ユーロスターで来るというので、北駅まで迎えに行きました。
この電車にちょっと乗るだけで、言葉も全然違う別の国に行けるなんて、なんだか不思議です。

c0157533_520937.jpg
さて、お客さんが来るとき、我が家で問題になっていたのが、お湯です。
家のお湯は、このタンクに水を溜めて温めて作ります。
水を温めるのに時間がかかるので、お風呂・シャワーを浴びるタイミングをずらさないと、お湯が足りなくなるのです。

しかも、なぜか自動的に省エネ設定になっているようで、電気代が安くなる夜間にならないとお湯を作り出さないので、昼間に使いすぎると夕方にはお湯がなくなるのです。
せめて、この設定を解除できないものかと夫に聞いたのですが、彼は役立たず。
説明書もないし、半分あきらめていたのですが、こんな私達にも救いの手がっ!

c0157533_5285148.jpg
ご近所さまが教えてくれました。
配電盤の、このボタンを上のIにすると、昼間でもお湯を温めてくれるそうです。
うわーーい。
ご近所さんによると、それでも続けて2人は難しいそうですが、これでお湯の心配が少し減ります!

さて、この方法でいいのかどうか、本日実験中。
今のところまだお湯は切れていません。
お客様に水風呂、なんてわけにはいかないので、足りなくなりませんように。。。


人気ブログランキングに参加中。

応援クリックお願いね!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-02-23 05:40 | 生活の知恵

滞在許可証(Carte de sejour)の修正



1日1回1クリックで応援してね!

c0157533_6354659.jpg


今日は、ここ(Prefecture de police)に行ってきました。
晴れて、「正しい」滞在許可証を入手!

事の始まりは、戸籍制度。
日本人の場合、出生地(Lieu de naissance)と本籍地(Domicile legal)が異なることはよくあります。
特に、私の場合日本国外で生まれていたので、国が異なっていたのです。。。
ところが戸籍制度は、国際的には珍しいものなので、本籍地というものは知られていません。
にもかかわらず、日本のパスポートには本籍地のみが記載されているのです。

滞在許可証をパスポートで作成した場合、本籍地がLieu de naissance(=出生地)となってしまいます。
これで特に問題の無い人も多いのだと思うのですが、私の場合Carte Vital(カルト・ヴィタル、健康保険証のようなもの)を作成する際に、問題が生じました。。。
こちらは、出生証明書(L' acte de naissance)を要求してきたので、それを出したら、
「あなたの滞在許可証と出生証明書の出生地が異なります。」
とのこと。。。
そこで、どうしても滞在許可証の生まれた場所を本籍地ではない正しい出生地に直してもらう必要が生じたのです。

当初、修正の依頼に行った時、

わんこ:「正確な出生地はパスポートと異なるので、滞在許可証を変更して欲しいのです。」
窓口お姉さん:「パスポートを変更してくれないと、直せないわよ。」

と言われたわんこ。
いや、だから、パスポートは本籍地が記載されておりそれはそれで正しいし、その変更は不可能なのよぅっ!
ということを理解してもらうために、出生証明書を指差しながら、本籍地と出生地の違いをフランス語で説明する羽目に。。。

頑固な人でなくてよかったです。同僚に私の話を確認してもらえ、書類を受付けてもらえました。
運が悪ければ四面楚歌。。。

ちなみに、こういう書類に関するトラブルはフランスでは日常茶飯事。
まったくうんざり。
担当者が違うと、言うことも違うので、毎回、運とちょっとの頑張りが必要です。
これが結構なストレスになります。

というわけで、君子危うきに近づかず。
今回は自分でやりましたが、わんこはこういう事は通常、夫に投げます。
あなたは君子でないので、やってね。と。
これでフランス生活も快適快適。



人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

クリック!
[PR]
by emilyeinparis | 2008-01-17 07:07 | 生活の知恵