Courchevel(クールシュベル)でのスキー   -Courchevel②

c0157533_645446.jpg
これ、おニューのスキーです。
古いのは日本に置いてきたので、あわてて買いに行ったものです。
写真にはないけれど、実はHeadの新しい靴が特に気に入っています。
根性入れてしつこく試着して探したので、私の足にぴったりです。


さて、新しい道具を抱えて山へ出発!

Courchevelは他に3つのスキー場とつながっています。
リフト券も、Courchevelのみのものと、les 3 Valees(:3つの渓谷)といい、4つのスキー場(Courchevel、Meribel、Les Menuires、Val Thorens)全てが含まれるヨーロッパ最大がうたい文句のものがあります。
私たちは6日間いる予定なのでCourchevelだけでは物足りなくなるかもしれないといって、3Valeesのリフト券にしました。

しかし、広すぎました。。。
6日間で、Courchevelも全て行きつくせず、4つのスキー場を制覇したかったのですが、Val Thorensは途中で迷って、たどり着けずに結局あきらめました。

天候にも恵まれ、前半は1日置きに雪の日と晴天、後半は晴天続きでした。
私たちの到着する直前に雪も沢山降ったようで、雪のコンディションは上々だったのですが、私たちの後の人たちは天気がよすぎて解けてしまっていないかしら。。。

c0157533_7102537.jpg

この写真は、Courchevelのスキー場を構成する山の一つであるSaulire(ソリール)の頂上です。
Courchevelのスキー場は頂上が2700m~2800mのいくつかの山で構成されています。
どうも頂上に行くと、頭が痛くなるし息切れが激しいなぁと思っていたら、原因は高度だったのかもしれません。
スキー場といえども、あなどれません。

しかし、スキーは最高でした。
日本の人口密度の高いスキー場に慣れていると、パラダイスです。
リフトの順番待ちもたいしたことないし、ゲレンデも隠れスポットを狙えば、ひとっこひとりいない状態も多々。

人も気にせず、雪も最高の状態でスキーをしていると、私ってスキーうまくなった?と、自分を誤解してしまいます。

霧で目の前が見えなくなった時に、怖くなってひどく体勢を崩して滑り、何回か転んで初めて相変わらず進歩のない自分を思い知りましたが。。。

まぁ、とにかく誤解だったとしても、気持ちよく滑れたのが何よりですね。

参考:CourchevelのHP

Courchevel 1550  -Courchevel③ に続く。。。


人気ブログランキングに参加中。1日1回のクリックで応援してね!

人気ブログランキングへ
[PR]
by emilyeinparis | 2008-02-11 08:08 | 旅行
<< Courchevel 1550... Courchevel(クールシ... >>